スポンサーリンク

「冗舌」と「饒舌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冗舌」と「饒舌」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「冗舌」「饒舌」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「冗舌」とは?

「冗舌」は国語辞典には掲載されていないようです。

しかし、和英辞典には掲載されています。

和英辞典によると「冗舌」“talkativeness”になります。

意味は、おしゃべり、饒舌、軽口です。

「饒」という漢字は常用漢字表にはなく、難しい漢字なので、「冗」という漢字を使用することがあります。

「冗」は、むだ、不必要な、あまる、わずらわしいという意味がある漢字です。

「舌」は言葉を意味します。

おしゃべりなことは、煩わしく感じたり、不必要だったりします。

そのことを表しています。

「饒舌」とは?

「饒舌」には、口数が多くやたらとしゃべることという意味があります。

類語は、多弁、おしゃべりです。

「饒」は、ゆたか、十分にある、おおいという意味を持つ漢字です。

「饒舌」を英語にすると“talkativeness”です。

「冗舌」と「饒舌」の違い

2つの言葉は同じ意味を持っています。

どちらも英語では“talkativeness”といいます。

「饒」という漢字が難しいため、「冗」という漢字が使われることがあります。

まとめ

同じ意味を持っている言葉で、「冗」「饒」どちらの漢字を使っても問題ありません。

しかし、国語辞典に載っているのは「饒舌」という漢字の方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典