スポンサーリンク

「冗談はよしこさん」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冗談はよしこさん」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「冗談はよしこさん」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「冗談はよしこさん」の意味

中高年の男性がおどけるようなニュアンスで使うダジャレ

「冗談はよしこさん」の解説

「冗談はよしこさん」とは、「冗談はやめて」「冗談はよして」「ふざけたことは言わないで」などと言った意味です。

「冗談はよして」に女性の名前である「よしこ」をかけたダジャレになっています。

昭和生まれの中高年の男性が使っている「おやじギャグ」のひとつで、令和の時代においては「死語」とされています。

派生語に「冗談はよしおくん」「冗談はよしだくん」など、人名を変更したものも存在しますが、意味は全て同じです。

「冗談はよしこさん」の使われ方

「冗談はよしこさん」は、中高年の男性がおどけるよなニュアンスで「冗談はやめてよ」を軽く伝えたい際に「冗談はよしこさん」と使用されます。

「よしこ」とい女性の名前を使用していますが、揶揄する意図はなく「よしこちゃん」といったあだ名のように使用する事で、ふざけたりからかうような雰囲気で使用されます。

フォーマルな場所や状況では使用する事は望ましくなく、あくまでも飲み会の席や、砕けた席で使用されます。

「おやじギャグ」として広く知られているため、若者世代に使用しても意味が通用しなかったり、白けてしまったりする事がありますので注意が必要です。

「冗談はよしこさん」の例文

「歌手になりたいだなんて、冗談はよしこちゃんだよ」
「昨日徹夜して、今日そのまま仕事に来たらしいじゃないか。冗談はよしこちゃんだよ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典