「冗長」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「冗長」とは?

「冗長」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで提出した企画書を上司に提出し、「文章が冗長だ」などと言われた経験があるかもしれません。

一方で、「冗長」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「冗長」という言葉の意味を紹介します。

「冗長」の読み方

「冗長」「じょうちょう」と読みます。

読み方が難しい言葉のため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「冗長」「じょうちょう」と読みましょう。

「冗長」の意味

「冗長」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「冗長」には、「ムダがあったり、手順がまずかったりして、くどく長たらしい様子」という意味があります。

企画書を提出して「文章が冗長だ」と言われた時は、企画書の文章にムダがあったり、構成がまずかったり、くどく長たらしい文章になっていたのかもしれません。

無駄な文章を削り、手短にまとめて提出し直す必要があるでしょう。

このように「冗長」には、「ムダがあったり、手順がまずかったり、くどく長たらしい様子」という意味があります。

「冗長」の類語や類似表現や似た言葉

次は「冗長」の類語や類似表現を紹介します。

「冗長」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「冗漫」

「冗漫」には、表現が冗長で締りがない様子」という意味があります。

「冗漫な話」には、「話の内容が冗長で、締りがない」という意味になります。

「冗長」とよく似た意味の言葉で、言い換えにも使える言葉です。

「ややこしい」

「ややこしい」には、「事情が込み入っていて、面倒だ」という意味があります。

「ややこしい問題」には、「事情が込み入っていて、面倒な問題」という意味があります。

問題を解決するための時間が必要かもしれません。

「冗長」を使った例文や短文など

続いて「冗長」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「冗長」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「冗長」を使った例文1

「話が『冗長』過ぎて、最後まで聞いていられない」

この例文には、誰かの話が、締りがなく長すぎて、最後まで聞くのが辛いという意味があります。

基本的に、人は他人の話を聞くよりも、自分の話を聞いてもらう方が好きです。

そのため、「冗長」な話をすると、ただでさえ聞きたくない他人の話を聞くのが辛く、最後まで聞いてもらえなくなるかもしれません。

自分の話をする時は、できるだけ手短にまとめて、相手の負担を軽くしましょう。

あるいは相手の話もじっくりと聞き込むようにして、バランスを取るようにしましょう。

「冗長」を使った例文2

「プレゼンが『冗長』になっているため、直前で一から作り直した」

この例文のように、プレゼンのような大切な発表時には、プレゼン内容が「冗長」では困ります。

無駄を省き、聞いている人の集中力が途切れないようなプレゼンになるよう、ブラッシュアップする必要があるでしょう。

短くまとめて、過不足ない情報が入っており、相手の心に刺さるような印象的な一節が入っていれば、よいプレゼンになるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典