スポンサーリンク

「冠レース」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冠レース」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「冠レース」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「冠レース」の意味

個人がスポンサーになり、自分の好きなレースタイトルを決められる企画

「冠レース」の解説

「冠レース」「かんむりれーす」と読みます。

意味は「個人がスポンサーになり、自分の好きなレースタイトルを決められる企画のこと」です。

別名「個人協賛レース」とも呼ばれ、地上競馬などで、個人や法人が協賛金を提供することで、そのレースに好きな名前を付けられる権利を得られる企画です。

希望する人は主催者に申し込みをして、そのレースで優勝したジョッキーや関係者への賞品や、協賛金を提供します。

レースの命名には規定がありますが、サプライズで「〇〇さん誕生日記念」など付けるケースもあります。

「冠レース」の使われ方

「冠レース」は、地方競馬のレースに使われることが多くなります。

「今日の冠レースは草だった(笑えた)」「今日の冠レースはあまりにも痛レースだった(痛いタイトルだった)」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典