スポンサーリンク

「冴えない人」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冴えない人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「冴えない人」【さえないひと】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「冴えない人」とは?意味

「冴えない人」【さえないひと】とは、垢抜けていない者と表し、人から見るとどこか内向的で暗い雰囲気があり、つまらないと感じてしまうがっかりな者に対して使われています。

このような人は頭も冴えないところがあるので記憶力が悪かったり、物事を順序良く話せないという悪い部分が目立ち、頭が悪い印象を与えてしまいます。

本人としても自分が垢抜けない駄目な人間であることに気がついている人は「自分は冴えない人間だ」と伝える人もおり、その姿が余計に物足りなさと内向的な性格であると思われ、敬遠されるのです。

「冴えない人」の概要

何をやってもパッと人目を引くようなことができないというがっかりな「冴えない人」は、自分から積極的に行動ができないは、活発的に動けないところがやる気のなさを感じさせるのです。

一緒にいると気が滅入るようで、つらく、周囲がみな暗い気持ちになってしまうのもこの「冴えない人」の特徴です。

このような人は自分から発想して仕事ができないは、いつも下を向いていて人と目を合わせようとしないところもあり、恋愛対象にならないのも特徴的です。

この「冴えない人」の対義語には「垢抜けた人」があり、自分の魅力を引き出す素敵な服装をうまくコーデしたり、季節に合う流行を取り入れたメイクで決めています。

また、テンポのいい話し方したり、いつも元気で社交的に振る舞うところが人としても素敵で垢抜けていると評価できるわけです。

「冴えない人」の言葉の使い方や使われ方

主に、人の印象に対して使われている言葉であり、存在感がない、服装が地味など見た目が周囲の人たちに比べて良くないという相手に対して揶揄するとき使います。

いつも暗い表情であったり、不健康な生活で顔色が悪いなど見た目が残念な人に対してがっかりした気持ちを伝えたり、自分の魅力を押しつぶしていて気の毒だと感じる人に対しては残念と思ったとき「あなたは冴えない人でがっかりだ」と伝えるわけです。

また、顔立ちはいいのに表情が暗く人や、背は高いのに存在感がない相手であるとき、自分が持つ魅力を活かしきれていないところが残念だと思う気持ちを表します。

「冴えない人」を使った例文(使用例)

・『うちの旦那は東京に来てから10年も経つがいまだに冴えない人なの』
・『美男子であっても見た目が冴えない人は物足りなさを感じてしまう』
・『親の言いなりのまま行動するような冴えない人とは結婚したくない』
センスのいい人が集まり、お洒落な店もたくさんある都会に来たというのに、何年経っても田舎臭い人に対してがっかりする気持ちを表します。

また、いくら顔が美しくても服装が合っていなかったり、話し方が残念な人はどうも頭が悪そうですし、格好悪く見えて付き合いたくないと思う人もいます。

そして、親が言ったことをすべて受け入れて行動する人は自分の意思がないし、自立していないと感じてしまい、結婚してもすぐに飽きてしまいそうで付き合いたくないと思わせるわけです。

まとめ

お洒落な服を選んで着られないは、髪型はいつも同じという人は物足りなさを感じさせるばかりではなく、「冴えない人」と思わせます。

そのような人と付き合っていてがっかりだと感じてしまうのなら、あなたが垢抜けた人になるよう服や髪型、話し方などいろいろとアドバイスして、変えてあげる工夫してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典