スポンサーリンク

「冷蔵」と「チルド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冷蔵」と「チルド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「冷蔵」「チルド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「冷蔵」とは?

「冷蔵(れいぞう)」とは、「短期保存したい食料品などを、約3~10度の温度設定で冷やしたままの状態にすること」を意味している言葉です。

「冷蔵」というのは、「すぐに食べる食料品・まもなく食べる食材などを短い期間だけ保存する用途」に向いた冷却方法です。

冷蔵庫を使った同じ「冷蔵」でも、野菜は「低温障害」で乾燥して味が劣化しやすいため、「野菜室における冷蔵」「約5~7度の高めの温度設定」になっています。

「チルド」とは?

「チルド」とは、「傷みやすい食料品・長持ちさせたい肉などを、約0度の温度設定で冷やしたままの状態にすること」を意味している言葉です。

「チルド」は英語で“chilled”と表記しますが、「冷却した・冷却された」という意味合いを持っています。

「チルド」というのは、「冷凍よりも温度が高く冷蔵よりは低いという温度設定」のことであり、「冷凍のように凍らせたくはないが十分にその食材を冷やしたい用途」に適しています。

「冷蔵」と「チルド」の違い!

「冷蔵」「チルド」の違いを、分かりやすく解説します。

「冷蔵」「チルド」はどちらも「食料品を冷やした状態にして腐らないように保存すること」を意味している言葉ですが、「冷蔵」よりも「チルド」のほうが設定温度が低くなっている違いがあります。

「冷蔵」というのは「食料品などを約3~10度の温度で冷やした状態にすること」を意味していますが、「チルド」のほうは「食料品などを約0度の温度で冷やした状態にすること」を意味している違いを指摘できます。

「冷蔵」「すぐに食べる食品・まもなく食べる食品を短期保存する用途」に向いた冷却方法であり、「チルド」のほうは「低い温度で冷やしたい傷みやすい食品・長持ちさせたい食品のやや長めの保存用途」に向いた冷却方法なのです。

まとめ

「冷蔵」「チルド」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「冷蔵」とは「短期保存したい食料品などを約3~10度の温度で冷やしたままの状態にすること」を意味していて、「チルド」「傷みやすい食料品などを約0度の温度で冷やしたままの状態にすること」を意味している違いがあります。

「冷蔵」「チルド」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典