「冷遇」とは?意味や類語!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「冷遇」とは?

「冷遇」という言葉を知っているでしょうか。

「社内で冷遇されている」人を見たことがあるかもしれません。

一方で、「冷遇」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「冷遇」という言葉の意味を紹介します。

「冷遇」の読み方

「冷遇」「れいぐう」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「冷遇」「れいぐう」と読みましょう。

「冷遇」の意味

「冷遇」という言葉の意味を紹介します。

「冷遇」には、「冷淡な待遇をすること」という意味があります。

また「不当に低い待遇」という意味もあります。

「社内で冷遇されている人」は、本来はもっと手厚い待遇があってもいいのに、社内で冷淡な待遇をされている人という意味があります。

このように「冷遇」という言葉には、「冷淡な待遇をすること」「不当に低い待遇」という意味があります。

「冷遇」の英語と解釈

「冷遇」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「冷遇」は英語で、“cold treatment”になります。

“cold treatment”には「冷たい待遇」「冷遇」という意味があります。

「冷遇」という言葉を、英文に加えたい時、“cold treatment”という言葉を使ってみましょう。

「冷遇」の表現の使い方

「冷遇」という言葉は、どのような使い方をすればいいでしょうか。

「冷遇」には「冷淡な待遇をすること」という意味があるため、そのような待遇をする会社や、されている人を見た時、「冷遇」という言葉を使ってみましょう。

例えば、誰よりも仕事ができるのに、いつまでも管理職に慣れない人は「冷遇」されているかもしれません。

また社員に残業を強いるだけで、手当を出さない会社は「社員を冷遇する会社」と言えるかもしれません。

このように冷淡な待遇を目にした時、「冷遇」を使ってみましょう。

「冷遇」を使った例文や短文など

「冷遇」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「冷遇」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「冷遇」を使った例文1

「会社で『冷遇』され、転職を決意する」

この例文のように、会社で不当に低い扱いを受けて、他の会社で働こうと決意した人もいるでしょう。

本来なら当然受けられるような扱いをされないと、人はモチベーションを失い、転職を感が始めるかもしれません。

「冷遇」を使った例文2

「売り上げは伸びているが、社員を『冷遇』する会社に未来はない」

この例文のように、現在の商売は好調でも、人を大切にできない社風の会社は、それ以上伸びないかもしれません。

会社は社員を「冷遇」するのでなく、「厚遇」する方に、舵を切るべきかもしれません。

「冷遇」の類語や類義語・言い換え

「冷遇」の類語や類似表現を紹介します。

「冷遇」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「ぞんざい」

「ぞんざい」には「いい加減に物事をする様子」という意味があります。

「ぞんざいな扱い」という言葉には、いい加減な扱いをする様子という意味があります。

「おざなり」

「おざなり」には「その場逃れにいい加減な言動をすること」という意味があります。

「おざなりな対応」という言葉には、その場逃れのいい加減な対応という意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典