「凄腕」と「辣腕」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「凄腕」と「辣腕」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「凄腕」「辣腕」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「凄腕」とは?

「凄腕(すごうで)」とは、「普通の人ではできないようなことをやってのける腕前・能力を持つこと」「人並み外れた手腕があること」を意味している言葉です。

例えば、「彼は新商品のマーケティングに関しては凄腕でした」「凄腕の上司が赴任してきました」などの例文において使うことができます。

また「凄腕」という表現は、「異性を思い通りに動かせる能力・実績があること」といった意味合いも持っています。

「辣腕」とは?

「辣腕(らつわん)」とは、「物事を躊躇することなく、迅速かつ的確に処理する能力を持っていること」を意味している言葉です。

「辣腕」の表現には、「物事・仕事を丁寧に処理する能力」よりも「躊躇せず迷わずに思い切って、スピーディーかつ効率的に処理する能力」が高いという意味のニュアンスがあります。

例えば、「彼は組織改革において辣腕を振るいました」「辣腕の政治家として知られています」といった文章で使用されます。

「凄腕」と「辣腕」の違い!

「凄腕」「辣腕」の違いを、分かりやすく解説します。

「凄腕」「辣腕」はどちらも「平均以上の能力・腕前を持っていること」を意味している言葉ですが、「凄腕」という表現は「人並み以上の手腕を持っていること・異性を思い通りに操縦する力があること」を意味しています。

「凄腕」に対して「辣腕」のほうは、「物事に際して躊躇すること(あれこれ迷うこと)なく、迅速・的確に処理することができる」という意味合いを持っている違いを指摘できます。

また「辣腕」には、「凄腕」のような「異性関係において相手を思い通りにできる手腕・実績」のような意味合いがない違いもあります。

まとめ

「凄腕」「辣腕」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「凄腕」とは「普通の人の能力を遥かに越えた腕前を持つこと・人並み外れた能力があること」「異性を思い通りにコントロールできる能力があること」を意味していて、「辣腕」「物事をためらうことなく的確に処理する能力を持っていること」を意味している違いがあります。

「凄腕」「辣腕」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典