スポンサーリンク

「几帳面」と「完璧主義」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「几帳面」と「完璧主義」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「几帳面」「完璧主義」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「几帳面」とは?

「几帳面」とは、細かいところにまで気を配って、物事をきちんと行うことという意味があります。

約束や決まりにあうように正確に行うことも意味します。

「几帳面な性格」「○○さんは几帳面」といった使い方をします。

類語は、まじめ、大真面目です。

几帳面は人は仕事を正確に行う、約束を守るといった特徴があります。

「完璧主義」とは?

「完璧主義」とは、自ら高い目標を設定し、それを達成しようと努力をし、自らに厳しくしてしまうことです。

自ら決めたことを達成できないと満足できません。

完璧主義な人には、自分に厳しい、計画を立てて行動する、人に頼ることが苦手といった特徴があります。

完璧を求めるあまり、作業に時間がかかってしまったり、思うようにできないとイライラしたりする傾向があります。

「几帳面」と「完璧主義」の違い

「几帳面」「完璧主義」では、自分自身への評価が違います。

「几帳面」は細かいことにまで気を配って行うことです。

細かいことができなかったとしても気にしません。

「完璧主義」はかけている部分が一切ないように、ものごとを行おうとすることです。

決められた通りの目標を達成できないと満足できません。

几帳面に比べて完璧主義は自らに対して厳しい評価をします。

まとめ

「几帳面」は細部まで気を遣って行うこと、「完璧主義」はかけている部分がないように自らに高い目標を設定して、厳しくすることです。

意味が似ているようでも違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典