スポンサーリンク

「凡事徹底」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「凡事徹底」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「凡事徹底」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「凡事徹底」とは?意味

「凡事徹底」は、普通にできることを当たり前のようにこなすことです。

凡事が、ありきたりで当たり前であることを指し、普通にこなせばできることのことで、徹底とは、抜かりなく手抜きをすることなくこなすことを意味します。

つまり、「凡事徹底」は簡単であると手抜きをしがちになるというあり得がちなことを手抜きをせずにこなすことです。

「凡事徹底」の概要

「凡事徹底」は、人間が陥りやすい問題に呈して定義しており、簡単なことは手抜きをしてしまいがちであるということがこの「凡事徹底」から読み取ることが可能です。

「凡事徹底」は、物事が簡単でも徹底的にやり通すことにあり、絶対にやり通さない解けません。

つまり、簡単であるということを理由に投げ出すようではならず、日本においては、パナソニックにイエローハットの創業者の方が「凡事徹底」を徹底していました。

逆を言えば、そこまでしないと企業は大企業へと進化しないということの表れでもあり、簡単なことをできないとなれば、それは企業としてみれば何もできないということと変わらないということです。

「凡事徹底」の言葉の使い方や使われ方

「凡事徹底」は、部下などに対して「凡事徹底」といい、簡単なことでも手抜きをするなという場合に使用します。

もしくは、自分の中に手抜きをしないという考えを持っていれば、周囲に知られることなく、「凡事徹底」をしていると言えます。

「凡事徹底」を使った例文

・『凡事徹底ほど、難しい考えは無い』
この例は、当たり前にできることを最後まで手抜きをすることなくやり通すと言う考えは難しいと述べた例です。

それは何故かというと、人は簡単だ、誰でもできるという仕事においては手抜きをしがちでどうせバレないだろうということを考えてしまいがちであるためいつまでも当たり前にできることを徹底的にやろうという考えを持ち続けることができる人は稀だからです。

しかも、終始徹底してきちんと簡単な仕事をやり通したところで、自己の会社での評価に繋がらないため無駄であると考える者も多いため今現在においては、「凡事徹底」は不要だという考え方もあります。

まとめ

「凡事徹底」ですが、今現在の時代背景においては実はあっていないのではないかという声も実は存在します。

その理由は、できることを徹底しても新しいものを生み出さないとならないお仕事においては残念ながらできないことをできるようになることの方が重要であるからです。

特にIT系のお仕事はできることよりもできないことをできるようになることが重要で、何故できないかを踏まえたうえでできるようにするにはどうすればよいかを追究せねばならないため、できることばかりにこだわってはいけないということを述べています。

つまり、製造業においては、できることが完全であることが望ましいが故、「凡事徹底」は正しいと言えますが、製造業においても変化を必要とする場合、できることばかりでは新しい技術と製品は生まれないということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典