「分野」と「領域」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「分野」と「領域」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「分野」「領域」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「分野」とは?

「分野」とは、物事のある方面、一定の範囲という意味で使います。

また「領域」といった意味合いも持っています。

「あの分野はわからない」「工作は彼の専門分野だから任せておこう」「この数年で勢力分野も変わっていくだろう」などと使います。

「領域」とは?

「領域」とは、ある物が領有している、もしくは勢力下に置いている地域という意味と、そのものの関係する範囲、対象とする範囲という意味があります。

後者は学問などでよく使われる意味合いです。

人の関係性などにおいても「その領域には立ち入れない」「他人が入れる領域ではない」といった言い方をします。

あまり深く関わることができない物事、無関係な者が意見できることではないといった時に使われます。

他に「他人の領域にずかずか踏み込むような真似はやめろ」「研究領域」などと、使います。

「分野」と「領域」の違い!

「分野」「領域」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「ある一定の範囲」という意味合いが共通している言葉です。

その意味においてはどちらを使っても意味は変わりませんが、それ以外の意味もありますので、混同しないように意味をしっかり理解しておきましょう。

「分野」とは、物事のある方面、一定の範囲といった意味があります。

勉強などにおいて理数系、文系など分けたりしますが、これが「分野」です。

「理数系は分野が違うので、それほど勉強していない」「美術は君の得意分野じゃないか」などと、使います。

同じ学問であっても、色々な方面がありますので「分野」という言葉はよく使われます。

一方の「領域」とはある物が領有している、勢力下においている区域といった意味と、関係する範囲、対象とする範囲といった意味の二通りの意味合いがあります。

前後にある言葉からどちらの意味合いなのか判断するようにしましょう。

まとめますと「分野は物事のある方面、一定の範囲」「領域は領有している、支配下に置く区域、そのものの関係する範囲、対象とする範囲」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「分野」「領域」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この記事を読み、同じ意味合いとして使える時と、違う意味の場合としっかり区別がつくようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典