スポンサーリンク

「別宅」と「別荘」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「別宅」と「別荘」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「別宅」「別荘」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「別宅」とは?

「別宅」とは、べったくという読み方をすべき言葉です。

文字で表記されているのを見れば分かりますが、異なる事とか違い、けじめといった意味を持つ別の文字に、住まいとか我が家という意味がある宅の字を加える事で成立している言葉となっています。

だからこそ別宅は、普段住んでいる家とは別に構えた家という意味を表すのです。

「別宅」の使い方

「別宅」は、所有する家の中でメインに利用している以外の家を表す言葉となっています。

そのため複数の家を所有する様な、お金持ちが用いる事が多い言葉です。

なので一般人の日常会話等で、この別宅という言葉が登場する事はあまりなかったりします。

更に別宅は自宅からそれ程離れていない場所にある場合は多く、使用頻度がそれなりに多くある家に対して使われる事が多いです。

「別荘」とは?

「別荘」とは、べっそうという読み方をすべき言葉となっています。

漢字で表記された文字を見れば即座に分かりますが、一緒ではない事とか他のものである事といった意味を有する別の字に、田舎にある家とか仮の住まいといった意味を持つ荘の字を付け足す事で誕生した言葉です。

そのため別荘とは、暑さや寒さを避けたりするために、居住する家から離れた場所につくった別の家という意味となります。

「別荘」の使い方

「別荘」は、主に避暑地に建てられて所有している人が多いです。

なので別荘自体、暑い夏に年に数日間訪れて過ごすという使い方がされる事が少なくありません。

お陰で別荘という言葉自体も、夏に使われる事が多くなっています。

ただし年に数日程度利用するために所有するので、別荘は経済的に裕福なお金持ちが所有している事が多いです。

なのでこの言葉も、お金持ち同士の間で使われる事が多かったりします。

或いは軽井沢の様な別荘が多くある地域の事を、別荘地という言葉で呼んだりもするのです。

「別宅」と「別荘」の違い

「別宅」と別荘は文字を見比べれば分かる様に、2文字目に宅と荘という明確な違いを見る事が出来ます。

同時にこの2つの言葉は、表す意味合いにも違いがあるのです。

「別宅」は普段暮らす家以外に所有する家を表す言葉で、比較的使用頻度が高かったりします。

なので本宅から比較的近い場所に、所有している事も多いです。

一方の「別荘」は暑さや寒さを避けるために利用する家で、年に数日程度の頻度である事も珍しくありません。

だからこそ本宅から、距離が離された場所に所有している人も多いです。

「別宅」の例文

・『子供が大きくなり家が手狭になって来たので、出来れば別宅が欲しい』

・『思い切って別宅を購入した方が、仕事もやりやすくなるはずです』

「別荘」の例文

・『彼は成功の証の1つとして、軽井沢の別荘を購入しました』

・『子供の頃、夏になると必ず別荘に行って過ごしていました』

まとめ

2つの言葉は共に最初の文字が別ですが、2文字目には宅と荘という違いがあります。

もっともその違いにより、表す意味合いも違っているのです。

「別宅」の方は、普段住んでいる自宅とは別に所有する家を表す言葉となっています。

比較的使用頻度が高いため、自宅から近い場所に所有している事も少なくありません。

対する「別荘」は、主に軽井沢等の避暑地に所有する事が多い家です。

自宅から離れている事も多く、年に数日程度と使用頻度が少ないケースも多かったりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典