スポンサーリンク

「別格」と「特別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「別格」と「特別」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この世のありとあらゆる物には良くも悪くも何かしらのランクがつきものです。

例えば、製品の品質や食品などの味の良しあしだけでなく、その人が持つ学力の差、社会的地位など様々です。

これらの差によって残相手に与える印象や受ける経済的や待遇的なメリットは大きく違ってきます。

残念ながら人生は平等ではないということを思い知らされる部分でもあり、努力次第では状況を逆転できる可能性もあるということでもあります。

さてそんな状況を表す言葉は様々存在していますが、今回は『別格』と『特別』という言葉があります。

同じ『別』という言葉がありますが、具体的にどう違うのでしょうか。

この記事では「別格」「特別」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「別格」とは

これは『定められた格式に拘束されないこと』という意味を持ちます。

これをもう少し簡単に説明すると『他の物や人と違いレベルがいい意味で違う』ということになります。

つまり、『優れている』という意味に近い形で使われることが多い言葉です。

例えば学業でもスポーツでもビジネスでも他の人間と比べて優れた処理能力や成績を出す人を『あの人は別格だ。』と言って賞賛することがあります。

イメージはその人だけ他の人とは異次元レベルで実力が違うという感じです。

「特別」とは

一方こちらの意味は『他のものや人とは明確な違いがあること』という意味を指す言葉です。

普段からよく使われる言葉ですし、日常生活でも目にする機会が多いのではないでしょうか。

ある特定のグループ内で似たものを比べた時に違いがあるというイメージをしてみると理解しやすいかもしれません。

ポイントはそこに良し悪しは存在せず、違いのみに焦点を当てているということです。

例えば、レストランなどで常連客のみに出す『特別メニュー』という表現がありますが、この場合は一般的に良いイメージを与えます。

しかし、反対の意味としても使うことができ、『特別な罰』などと良くない表現も出来てしまいます。

「別格」と「特別」の違い

この二つは『他の物や人といい意味として次元が違うレベル』なのか『他の物や人とは区別があるのか』で分けることが出来ます。

もう一つのポイントは前者はもっぱら良い意味として使われるのに対して後者は良くない意味としてもつかうことができるところです。

「別格」の例文

・『彼のシュートの正確性は他の選手とは別格だ』
・『他にも有能な社員は多く見てきたが、彼女はその中でも別格だ』
・『彼女の美しさは別格の存在感を放っていた』

「特別」の例文

・『その荷物は特別注意して対応が必要です』
・『彼の成績は今回特別に悪かった』
・『この薬は他の製品と違い特別な管理状況下での使用が必要です』

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回は『別格』と『特別』の違いをご説明しました。

非常に似ていますが、ニュアンスが違っていることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

この様に何かを比べる時やランク付けなどをするときにはまだまだ、『格別』や『特段』などの言葉がありますので、是非それぞれの違いを見て理解されることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典