「刺身」と「タタキ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「刺身」と「タタキ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「刺身」「たたき」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「刺身」とは?

「刺身」の意味と概要について紹介します。

「刺身」の意味

「刺身」「さしみ」と読みます。

意味は「魚介類を生のまま薄く切りって、醤油やわさぴなどをつけて食べる料理のこと」です。

「刺身」の概要

「刺身」は魚貝類を鮮度の高いうちにさばいて薄く切り、生のまま醤油やわさびなどを付けて食べる料理のことを言います。

日本では昔から魚貝類を生で食べる習慣があり、イカやタコなども刺身で食べられています。

「刺身」の由来には以下の2つの説があります。

1つ目は「魚を切り身にすると、何の魚か分からなくなる為に、切り身にその魚のヒレ部分を刺して販売していたから」という説です。

2つ目は、最初は切り身と呼ばれていたのですが、武士には縁起の良くない言葉であった為に「刺身」になったという説です。

「たたき」とは?

「たたき」の意味と概要について紹介します。

「たたき」の意味

「たたき」は、「生魚にねぎやしょうがなどの薬味を加え、包丁で叩いて細かする調理法」「切り身にして表面に少し火を通す調理法」です。

「たたき」の概要

「たたき」は料理名ではなく、調理法の1つで、以下の2つの種類があります。

1つ目は「生魚にねぎやしょうがなどの薬味を加えて、包丁でたたいて細かく刻んだものを、醤油やわさびなどを付ける調理法」という意味で、「あじのたたき」などがあります。

2つ目は「生魚を切り身にして表面をあぶり、少し火を通し、細く切って醤油やわさびなどを付ける調理法」という意味で、「かつをのたたき」などがあります。

「たたき」の由来は文字通り調理過程で「叩くこと」から来ています。

「刺身」と「たたき」の違い!

「刺身」「魚介類を生のまま薄く切りって、醤油やわさぴなどをつけて食べる料理のこと」です。

「たたき」「生魚にねぎやしょうがなどの薬味を加え、包丁で叩いて細かくする調理法」「切り身にして表面に少し火を通す調理法」です。

まとめ

今回は「刺身」「たたき」の違いをお伝えしました。

「刺身はそのまま切って食べる」「たたきは叩いて食べる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典