スポンサーリンク

「削り節」と「鰹節」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「削り節」と「鰹節」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「削り節」「鰹節」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「削り節」とは?

カツオ節、マグロ節、サバ節などの荒節や枯節、イワシ、アジ、サンマなどの干した魚を薄く削ったものです。

カツオ節には、荒節と枯節があります。

カツオ節は、カツオを解体し、煮る・燻す・整形などの工程を経て、乾かしてカビつけされて作られています。

荒節とは、燻すまでの工程を経たものをいいます。

枯節はカビつけまでされたものです。

これを薄く削ったものが「削り節」です。

その他の魚も「削り節」の原料として使われており、水分を減らした魚を薄く削ったもののことをいいます。

これらは出汁をとることに主に利用されています。

どのような魚を原料にしたものかによって、出汁の味が変わります。

その他にも、ふりかけ、チャーハン、冷ややっこ、卵かけご飯、パスタなど、さまざまな料理に活用することができます。

また、離乳食中期以降であれば、子どもに与えられます。

子どもに与える場合には、なるべく細かくします。

「削り節」の使い方

水分を減らした魚を薄く削ったものを指して使用します。

原料となる魚の種類はさまざまで、単に「削り節」といった場合は、どの魚を使用しているのかは問いません。

「鰹節」とは?

「鰹節」とは、カツオの荒節や枯節のことです。

「鰹節」は、まずカツオを解体し、その後に煮る・燻す・整形などされ、乾燥・カビつけされて作られています。

荒節は燻すまでの工程を経たもので、見た目は黒い塊のようです。

主に加工用に利用されています。

枯節はカビつけまでの工程を経たもので、カビによって見た目は白っぽくなっています。

スーパーなどで売られているのはこれで、家庭で削るときにはこれを使用します。

「鰹節」はそのままでは使用しにくいので、薄く削って使用することが一般的です。

「鰹節」の使い方

カツオを加工して荒節、枯節にしたものを指して使用します。

このままで食べることはほとんどなく、薄く削ったものが食用にされています。

「削り節」と「鰹節」の違い

違いは原料と加工方法です。

「削り節」の原料となる魚は、カツオ、マグロ、カツオ、イワシ、サバなどです。

「鰹節」の原料となる魚はカツオです。

「削り節」は薄く削っていますが、「鰹節」は薄く削られていません。

カツオを使用していて薄く削ったものは、特に「カツオ削り節」といいます。

薄く削ったものは、出汁をとったり、料理に加えたりして利用されます。

「削り節」の例文

・『削り節を買ってきて』

・『削り節を切らしてしまった』

・『削り節を使って出汁をとる』

・『卵かけご飯に削り節を加える』

「鰹節」の例文

・『鰹節を買ってきて』

・『鰹節を削るのは大変だ』

・『うまく鰹節を削れない』

・『鰹節の削り方にはコツがあるのだろう』

まとめ

どちらの言葉も魚の加工品のことを指していますが、「削り節」は薄く削ったもの、「鰹節」はカツオを加工したもので見た目は固い木のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典