「前人未到」と「前人未踏」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「前人未到」と「前人未踏」の違い四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前人未到」「前人未踏」の違いを分かりやすく説明していきます。

「前人未到」とは?

「前人未到(ぜんじんみとう)」とは、「今まで誰もその境地(水準)に到達したことがない」「今までまだ誰も足を踏み入れたことがない」を意味している四字熟語です。

「前人未到」「前人」とは「今に至るまでの人」を意味していて、「未到」「到達していない・足を踏み入れていない」を意味しています。

例えば、「オリンピックで5連覇という前人未到の記録を達成しました」といった文章で使うことができます。

「前人未踏」とは?

「前人未踏(ぜんじんみとう)」とは、「過去に誰もその境地(レベル)に達していない」「今まで誰もその場所に踏み入ったことがない・過去に誰も成し遂げたことがない」を意味している四字熟語です。

「前人未踏」は元々は「前人未到」と書かれていた言葉ですが、「前人未到」「人跡未踏」が混同されることによって、「前人未踏」という漢字表記がつくられました。

例えば、「探検隊は前人未踏の秘境に入っていきました」などの例文で使われます。

「前人未到」と「前人未踏」の違い!

「前人未到」「前人未踏」の違いを、分かりやすく解説します。

「前人未到」「前人未踏」はどちらも、「今まで、まだ誰もその境地(レベル)には到達していないこと」「今まで誰もその場所には足を踏み入れたことがないこと」を意味しています。

「前人未到」「前人未踏」はどちらも、同じ意味を持っている同義語の四字熟語だと言えます。

ただし初めにあった四字熟語は「前人未到」であり、「前人未到」「人跡未踏」が混同されることによって「前人未踏」の言葉がつくられた経緯があります。

また漢字の意味の違いから、「前人未到」「今まで誰もその境地に達していない」「前人未踏」「今まで誰もその地点に踏み入ったことがない」と使い分けても良いでしょう。

まとめ

「前人未到」「前人未踏」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「前人未到」とは「今まで誰もまだその境地にまで達していないこと」を意味していて、「前人未踏」「今までまだ誰もその場所に足を踏み入れていないこと」を意味していて、用例上の両者の意味の違いはありません。

ただし元々は「前人未到」という言葉が先にあって、その後に「前人未踏」という四字熟語がつくられたという違いはあります。

「前人未到」「前人未踏」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典