スポンサーリンク

「前提」と「前程」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「前提」と「前程」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前提」「前程」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方を理解して、是非ともご自分のお役に立ててみてください。

スポンサーリンク

「前提」とは?

最初に「前提」の意味を解説していきます。

「前提」の意味とは、基本的に物事を成り立たせるための、前にある条件を認識していただくと分かりやすいはずです。

また、論理学においては根拠を意味しているようですので、把握しておくと便利に使えると思います。

「前程」とは?

次に「前程」の意味をご説明致します。

「前程」の意味としては、自分の行く先や、将来を表す意味として使われますので、把握しておいてください。

「前提」と「前程」の違い

ここでは「前提」「前程」の違いを解説します。

「前提」「前程」の違いは、上で解説した意味を理解してください。

意味を理解すると自ずと違いや使い方まで見えてきます。

「前提」というのは、物事を成立させるための条件と認識してください。

(論理学では根拠を意味しております) 「前程」というのは、自分の行く先や将来を指しておりますので、把握しておいてください。

以上が「前提」「前程」の違いとなりますが、使い方も解説していきます。

「前提」と「前程」の使い方の違い

次は「前提」「前程」の使い方の違いを見ていきましょう。

前者の「前提」の場合は、「これらを前提としてビジネスは展開していき~」というのが分かりやすいはずです。

後者の「前程」の方は、「艦隊の前程には敵潜水艦がいるだろう~」というのが、なのとなくでもイメージしやすいはずです。

是非とも参考にしてみてください。

「前提」を使った例文

ここでは「前提」を使った例文を書いていきます。

・『零戦は陸上基地でも運用できることが前提とされている』
・『結婚を前提として付き合っていたそうだ』
・『前程となる条件が曖昧なので了承しかねる』
・『明確な前程の条件を提示していただいたので、了承します』
・『空母部隊が空爆することを前提としていた』
以上が「前提」を使った例文になりますので、是非とも把握して参考にしてください。

「前程」を使った例文

次は「前程」を使った例文を書きます。

・『南雲艦隊の前程には戦艦部隊が航行している』
・『このままでは前程が暗いと言っていた』
・『上司は前程を阻む車に文句を言ったそうだ』
・『栗田艦隊の前程は決して楽ではないと艦長たちは感じていた』
・『このビジネスは非常に前程が明るいので、お受けしたい』
以上が「前程」を使った例文になりますので、参考にしてご自分でアレンジ等をしながら利用してみてください。

「まとめ」

まとめとしては、「前提」というのは、物事が成立するための条件と認識すると非常に分かりやすいのです。

また、論理学の根拠としても使うようです。

そして、「前程」というのは将来の事や、自分の行く先等を意味しておりますので、上手に使い分けてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典