「前(株)」と「後(株)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「前(株)」と「後(株)」の違いビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前(株)」「後(株)」の違いを分かりやすく説明していきます。

「前(株)」とは?

「前(株)」の意味と使い方について紹介します。

「前(株)」の意味

「前(株)」「まえかぶ」と読みます。

意味は「社名の前に(株)または『株式会社』が入ること」です。

「前(株)」の使い方

「前(株)」は、社名の前に(株)または「株式会社」が入っていることを言います。

基本的に(株)は「株式会社」の省略形ですので、文書にする時などは正式に「株式会社〇〇」と書きます。

例えば「株式会社タカラトミー」「株式会社ブリヂストン」「株式会社伊藤園」などがあります。

「前(株)」は、比較的歴史の浅い企業に多くみられる傾向で、「株式会社」であることを強調しているイメージがあります。

因みに、以前は「株式会社」を設立する為には、資本金が「1000万円以上」必要だったのですが、最近では資本金「1円」から設立が可能になっています。

「後(株)」とは?

「後(株)」の意味と使い方について紹介します。

「後(株)」の意味

「後(株)」「あとかぶ」と読みます。

意味は「社名の後に(株)または『株式会社』が入ること」です。

「後(株)」の使い方

「後(株)」は、社名の後に(株)または「株式会社」が入っていることを言います。

「〇〇株式会社」は日本語の文法に沿った表現で、長く続いている老舗の企業に多い傾向です。

また、社名が先に来る為に印象が強く残ります。

社名と商品名が同じ企業では、社名として区別を付ける為に「後(株)」にしているところもあるのです。

たとえば「シャープ株式会社」「キユーピー株式会社」「明治乳業株式会社」などがあります。

「前(株)」と「後(株)」の違い!

「前(株)」「社名の前に(株)または『株式会社』が入ること」です。

「後(株)」「社名の後に(株)または『株式会社』が入ること」です。

まとめ

今回は「前(株)」「後(株)」の違いをお伝えしました。

「前(株)は社名の前」「後(株)は社名の後」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典