スポンサーリンク

「割合」と「構成」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「割合」と「構成」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「割合」「構成」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「割合」とは?

「割合」とは全体に対する部分、またはある数量に対する他の数量の比率の事を指す言葉です。

数学的にはこの「割合」は100分率として、○○%や、○○/100や、○○:○○:○○と一般的には表記されるものです。

そこから転じて、『夏の割合にしては涼しい』と言った表現にも使用されます。

これは夏の暑さが通常100%とした場合に、相対的に80%や70%の暑さだと感じた時に使用される言葉と言えます。

「構成」とは?

いくつかの要素を一つのまとまりのあるものに組み立てることや、組み立てたものを指す言葉です。

文芸や芸術の世界では、表現上の諸要素を独自の手法で組み立てて作品にすることを構成すると表現する事もあります。

「構成」は単独でも使用される言葉ですが、「構成要素」「構成比率」と言った熟語としても使用されます。

この「構成比率」「構成要素」を100分率等で表現する事もあり、この「構成比率」「割合」に類似する言葉と言えます。

「割合」と「構成」の違い

「割合」とは全体に対する部分、またはある数量に対する他の数量の比率の事を指す言葉であり、一方の「構成」はいくつかの要素を一つのまとまりのあるものに組み立てることや、組み立てたものを指す言葉で、似ているようにも思えますが、明らかに異なる言葉と言えます。

しかし「構成」「構成要素」「構成比率」の熟語としてもしばしば使用されます。

ここで「構成要素」は組み立てて「構成」されたものの元の要素の事で、「構成比」「構成比率」はその要素を「割合」として表現できるような場合に使われるものです。

例えば、『クラスの男女の割合は55:45です。』

と表現するのを、『クラスの構成比率は55:45です。』

と表現する事も出来、この場合には全く同義と言えるでしょう。

まとめ

「割合」とは全体に対する部分、またはある数量に対する他の数量の比率の事を指す言葉です。

一方の「構成」はいくつかの要素を一つのまとまりのあるものに組み立てることや、組み立てたものを指す言葉で、「割合」とは全く異なる言葉です。

しかし「構成」「構成要素」「構成比率」の熟語としてもしばしば使用されます。

ここで「構成要素」は組み立てて「構成」されたものの元の要素の事で、「構成比」「構成比率」はその要素を「割合」として表現できるような場合に使われるものです。

この「構成比」「構成比率」の場合には、「割合」と同義語として使用される事もあります。

従って、「割合」「構成」は異なるものですが、「構成比」「構成比率」と熟語として使用する場合には、比率を「割合」と同じ100分率で表記できることもあります。

こうしたケースでは「割合」「構成比」「構成比率」は同義語となります。

何となく、「割合」「構成」が同じイメージで捉えられがちなのは、ここから来ていると言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典