スポンサーリンク

「功利主義」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「功利主義」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「功利主義」の意味を分かりやすく説明していきます。

人生を見つめるヒントにしていきましょう。

スポンサーリンク

「功利主義」とは?意味

功利主義(こうりしゅぎ)とは、合理主義のこと。

イギリスのベンサルとミルが提言した「幸せを重視する考え方」のことです。

「功利主義」「功利」とは、功績と利益のこと。

何かをおこなったときの、心の幸せです。

功利主義を唱えたミルは『功利主義論』の中で、私たちのすべての行いが「幸せか、そうではないのか」を基準にして決められているものだと言いました。

そして質の高い幸せを感じたとき、人がもっとも幸福でいられると説きました。

「功利主義」は個人の幸せを述べたものではなく、大勢の幸せについて述べたものです。

一部の人が幸せだと感じていても、少数の人が不幸せだったら、それは幸せとはいえません。

「多くの国民が幸せに感じる社会は、どうしたら作っていけるのか」改めて説いたものが「功利主義」です。

「功利主義」の概要

「功利主義」はベンサムとミルという、2人の哲学者によって作られた幸福論のこと。

ベンサムの思想を、アレンジしたものがミルの思想です。

先に活躍したベンサムは「快楽主義」という考えをもっていました。

快楽主義というのは、苦痛よりも快楽を重視した思想のこと。

多くの人が苦しいと感じる環境よりも、楽しいと感じる環境をつくる方がいいと述べた哲学です。

そしてベンサムの後に活躍したミルは「快楽にも、いくつかの種類があること」を述べました。

楽しいと感じる瞬間も「質のいいもの」「質の悪いもの」両方があると説いたのです。

ベンサムの考え方をさらにバージョンアップさせたミルの哲学は、確かな功利主義として世界に広まっていきました。

日本でも福沢諭吉の思想に、大きな影響を与えたといわれています。

「功利主義」の言葉の使い方や使われ方

「功利主義」はこのように用います。

・『新しい社長は、功利主義的な考え方で有名だ』
・『結論が出なかったので、功利主義に基づいて多数決で決めます』
・『あの人は功利主義を、はき違えて使っているよ。屁理屈に惑わされないでね』
功利主義は全体の幸福を考えて、結論を決めていくこと。

そのため「多数決」を功利主義のひとつの手法とみることもあります。

「功利主義」は誰かの思想を伝えるとき、結論を出すとき、功利主義の理論を振りかざす人を批判するシーンで用います。

「功利主義」の類語や言いかえ

「功利主義」は次の言葉に置きかえできます。

・公益主義
・ベンサルの思想
・ミルの思想
功利主義はイギリスの哲学者、ベンサルとミルが提唱した主義です。

「公益主義」とも言いかえられます。

まとめ

「功利主義」について分かりやすくお伝えしました。

「功利主義」とはイギリスで生まれた「幸せの量を重要視する、物の考え方」のことです。

大勢の人の幸せを追い求める思想で、ベンサルとミルによって構築されました。

日本の福沢諭吉も、功利主義に大きな影響を受けた偉人です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典