「加筆」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「加筆」の意味

加筆とは、読んで字のごとく筆を加えるという事ですが、もっと詳しく説明してみましょう。

加筆は、文章や絵などに新たに筆を加えて書き足したり、修正をすることです。

例えば記事の執筆中に説明不足に気がついて書き足したり、絵画により深みを出す為に筆を加える事が加筆になります。

「加筆」の読み方

「加筆」「かひつ」という読み方をします。

どちらも普段から使うことの多い漢字ですから、読み間違えをする事は少ないでしょう。

加はくわえる、増やすという意味がある漢字になり、音読みでは「か」と読みます。

また筆は、ふでやかくという意味の他に、書いた文字や絵の事を表し、音読みでは「ひつ」以外に読み方はありません。

よって「加筆」は、捻った見方をすることなく、そのまま「かひつ」と読むのです。

「加筆」の言葉の使い方

加筆という言葉は、様々なシーンで使用する事が可能でビジネスシーンでも頻繁に使われるものです。

「加筆修正」という言葉として使われるケースが多く、これは今ある文章や絵などに新しく筆を加える事で、より良いものにブラッシュアップする際に使われます。

また、雑誌を単行本にする際に、新しいシーンを書き加えて出版する事がありますが、これも加筆のひとつです。

このように加筆は、単純に筆を加えるというだけではなく、結果はどうであれ、より良いものにする為の手段として使われる事が多くなっています。

「加筆」を使った例文・短文(解釈)

「加筆」は使い方を覚えておくと、とても便利な言葉になります。

「筆を加える」「書き足す」という冗長な言い回しをするよりも、言いたいことを端的に表現することが出来るでしょう。

そこで「加筆」を使ったいくつかの例文をあげてみます。

「加筆」の例文1

「この本は、初版本から加筆を加えて新しく出版された」

書籍などは、新しい文章を加筆して再販されるケースが少なくありません。

時代に合わせて表現を新しくしたり、新たな情報を付け加えるなど、場合によっては大幅な修正が加えられている事もあります。

このように加筆は、執筆段階で行われるだけではなく、出版後にされる事もあるのです。

「加筆」の例文2

「この文章は分かりにくいので、加筆修正をお願いします」

ビジネスでは、時にこの例文のように文章の手直しを依頼されるケースが多々あります。

加筆修正とある事から、文章を削って分かりやすくするのではなく、文字を補って手直しをするように依頼されていることが分かるでしょう。

「加筆」の例文3

「人の作品に加筆をして、自分の作品のように発表するのは許せない」

人の文章や絵に少しの手を加えて自分の作品のように発表をする人がいます。

最近では、ネットで自分の作品を簡単にアップする事が出来るようになった為、この手のトラブルが増えているのです。

この例文は、時に「加筆」をする事が、トラブルを生み出したり犯罪に繋がる事もあるという例だと言えるでしょう。

「加筆」の似た意味や言い換え

加筆には、同じような意味の言葉や言い換えに使える言葉がいくつかあります。

どのような言葉が「加筆」と同じように使えるのか見ていきましょう。

「付け足し」

「加筆」は筆を付け足すという意味として捉える事も出来ます。

ですから「加筆」のかわりに「付け足す」という言葉を用いても、同じ内容を表すことが出来るでしょう。

もちろん付け足すの場合は、「筆」を加えるに限定された言葉ではありません。

加筆よりも広い意味で使用することが可能です。

反対に加筆は、文章や絵の付け足しに限定された言葉になります。

「修正」

「修正」は、間違いや不十分な点を直したり、より良いものに仕上げる為に行う作業の事になります。

「加筆」「加筆修正」と使われるケースが多いように、修正と同様の作業を意味として使われる事があるのです。

修正は、必ずしも加筆を伴う作業ではないため、二つの言葉はイコールではありません。

しかし、筆を加える様な修正は、加筆と言い換えても問題ない場合も多くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典