「劣等感」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「劣等感」

「劣等感」という言葉は、人によって意識している人、全くしていない人に分かれる言葉でしょう。

「劣等感」「れっとうかん」と読みます。

若い人、年を取った人に限らず、「劣等感」を抱いている人はいます。

一方で「劣等感」とは無縁で暮らしている、元気で明るい人もいるでしょう。

そんな、人の内面を表現する言葉のひとつ、「劣等感」の意味や使い方を紹介します。

「劣等感」の意味

「劣等感」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「劣等感」には、「自分が他人よりも劣っているという感情」という意味があります。

例えば、自分はAさんよりもルックスが悪い、Bさんよりも頭が悪いという感情は、「劣等感」と呼びます。

実際にAさんやBさんよりも劣っているかどうかは関係なく、そのような思いを抱く事を「劣等感を抱く」と言います。

みなさんの中にも、特に明確な理由もなく、「自分がみんなより劣ってる」と感じる事があるかもしれません。

このような思いは「劣等感」と呼ばれ、持ち続けると性格を暗くしてしまう事があります。

「劣等感」の言葉の使い方

「劣等感」には、自分が他人よりも劣っていると思い込む否定的な感情の事です。

そのため、自分を否定する発言をする人、自分がダメだと感じている人を見た時に「劣等感」という言葉を使って、その人のパーソナリティを表現してみましょう。

また、そのような考えを持つ必要が無いと伝えたい時に、「劣等感」という言葉を使う事があります。

「あなたは十分素敵だから、『劣等感』を抱く必要はないよ」などとアドバイスしてみましょう。

「劣等感」を使った例文

「劣等感」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「劣等感」という言葉を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

「劣等感」の例文1

「A君は、クラスでも上位に位置するイケメンなのに、『劣等感』を抱いている。 そのせいで性格が暗くなり、イケメンを発揮できていない」

この例文に登場するA君のように、実際はイケメンなのに、不細工だと思い込むタイプの人がいます。

十分カッコいい、綺麗だと伝えても、「劣等感」が強い人は聞く耳を持ちません。

そのため表情がくすみ、その人本来の魅力を発揮できない傾向があります。

「劣等感」の例文2

「私は高校時代に強い『劣等感』を抱いていた。 しかし大学生になり、『どうだっていいや』と開き直った途端、自分の欠点が気にならなくなった。 そして『劣等感』も薄れ、今では自分の事が大好きになった」

この例文に登場する人のように、若い頃に「劣等感」を抱いていたものの、大人になるにつれて自分を好きになれる人がいます。

開き直るなど、何かのきっかけがあれば、「劣等感」からサヨナラする事ができるはずです。

「劣等感」を消すために

最後に「劣等感」を消すためのコツを紹介します。

強すぎる「劣等感」に別れを告げるための考え方を知りましょう。

「自分の長所に注目する」

「劣等感」を持つ人の多くは、自分の欠点ばかりに注目しています。

顔に出来た小さなシミにばかり注目して、顔だちの美しさに気付けない人がいます。

できるだけ自分の長所に注目するようにすると、自分を好きになれるでしょう。

「他の人を高く見積もりすぎない」

「劣等感」が強い人は、なぜか自分の周囲の人を仰ぎ見る傾向があります。

彼らは完璧で、自分は最悪だと思ってしまいがちです。

しかし客観的に自分と周囲を見られるようになれば、「それほど変わらない」事に気付けるでしょう。

「なぜ劣等感を抱いたか理由を探る」

両親が厳しい言葉であなたを責めたり、ひどい悪口を言ったために、知らずに「劣等感」を抱いてしまった人もいるでしょう。

そしてそれが、「世間全体からの評価」だと勘違いして育ってしまったのかもしれません。

しかし、ある個人の主観により、自分の感じ方がゆがめられてしまったのだと気付けば、いらない考えだと思い、頭の中から追い出す事ができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典