スポンサーリンク

「動ともすると」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「動ともすると」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「動ともすると」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「動ともすると」とは?意味

「動ともすると」は、物事が動き出そうとするとという意味で、動ともが物事が今様に動き出そうとしている様子です。

その為、この言葉は、物事が動き出そうとするとどうなるかを示す言葉になります。

日本語で言えば、そうなればどうであるという意味です。

ただ、この言葉は、現在あまり使用されておらず、副詞としてはあまり機能的ではありません。

「動ともすると」の概要

「動ともすると」というのは、着目すべくは、ともするとでこの部分がしばしばどうなるかを示しています。

このケースでは、物事が動こうとするとどうなるかを述べており、「動ともすれば」に言葉を置き換えれば、物事が動こうとすればどうなるかと若干ながら言葉のニュアンスが変化するのがこの「動とも」です。

「動ともすると」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、物事が動こうとするとと周囲に言う場合使用しますが、最近では使用されない言葉です。

何故なら、行動した結果を指す言葉はどうであると言い切ればそれで成立するため、副詞で、この言葉を使用しても難しくとらえられてしまうだけです。

「動ともすると」を使った例文

・『浮気をすれば動ともすると別れる』
この例は、浮気という部分が行動の理由でその結果を「動ともすると」の後ろが語っています。

「動ともすると」は、動きた結果どうなるかを示す副詞なのでこのケースでは浮気という行動をした結果別れるという結末を指しています。

・『勉強すれば動ともすると試験に合格する』
この例では、勉強という行動を示せば、試験に合格するというどうなるかという部分をきちんと述べた例です。

「動ともすると」は、行動した結果どうなるかをしっかり述べていることが重要でこのケースでは合格するときちんと述べています。

・『動ともするとは現代では使用しない副詞』
この例は、事実を述べた例で、「動ともすると」は、結果どうなるかを示す言葉なので今現在においては使用されません。

というのも、そうなれば、どうなるという言葉の部分を具体的に言い出せば、言いたい言葉の文章が完成してしまうため、「動ともすると」はそうなるという部分をぼかして表現するため、使い勝手が悪く今現在においては使い勝手の面があり使用しないです。

まとめ

「動ともすると」と言われるとかなり難しく考えてしまいがちですが、簡単に考えれば、行動した結果どうなるということを言いたいだけになります。

その為、使い方としては、「テスト勉強すれば動ともするとテストの点がアップする」という具合に使用します。

このケースの場合、そうなればという部分をテスト勉強をするとしており、どうなるかをテストの点がアップすると言っており、「動ともすると」は、当然どうなるのかという部分の副詞でしかないです。

その為、「動ともすると」が難しく感じてしまうのは、副詞の部分にこんな分かりにくい言葉を使用せずともよいのではないかという考えが強くなると、「動ともすると」という言葉を使用しなくなり、現在のように見たことがない言葉のように感じてしまうのです。

つまり現代で使用されなくなったのには副詞としては、あまり使用価値がない言葉であるが故、次第に使用されなくなってしまったのがこの言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典