スポンサーリンク

「動作」と「操作」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「動作」と「操作」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「動作」「操作」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方をマスターして、ご自分でアレンジ等加えたり、「ここぞ!」という時に使いこなしてみてください。

スポンサーリンク

「動作」とは?

最初に「動作」の意味をご説明致します。

「動作」の意味とは、自分や相手が目的をもって何かをしようとする時に、からだを動かす意味とからだの動きを意味しております。

また、機械系が動くことをも意味しておりますので、是非とも把握しておいてください。

「操作」とは?

次は「操作」の意味を解説していきます。

「操作」の意味としては、機械系等を自分が動かす意味を指しております。

また、自分の都合や世間体等を考慮して、見せても見られても支障がないようにすることを意味しております。

「動作」と「操作」の違い

この項目にて「動作」「操作」の違いを解説していきます。

「動作」「操作」の違いについては、上で解説した意味を照らし合わせてみてください。

照らし合わせることで、違いや使い方、はたまたどのような場面で使うのかが、想像できるようになるのです。

先ず「動作」というのは、からだの動き等を意味していると認識してください。

(もちろん、機械系の動きも指すこともあります) そして、「操作」というのは、自分が機械系等を動かす意味と、周囲の目や面子を保つさいに、見られても支障のないようにする際にも使われるのです。

「動作」と「操作」の使い方

違いを理解したところで、使い方の方も見ていきましょう。

前者の使い方としては、「あの人は若い割に動作が非常に遅い~」という使い方が分かりやすいでしょう。

また、後者の使い方としては、「僕は機械の操作なら得意です~」という使い方が非常にイメージしやすいはずですので、参考にしてください。

「動作」を使った例文

・『年齢を重ねると身体の動作が鈍くなってしまう』
・『非常にスマートな動作で好感を持てた』
・『機械の動作は正常に戻りました』
・『あの人は動作が機敏なのでパイロットには向いているだろう』
・『動作が遅いと非常に不利な戦いになる』

「操作」を使った例文

・『情報操作をしたようだ』
・『機械操作に関しては天下一品だ』
・『パソコン操作は非常に得意と言っていた』
・『ハンドル操作を誤ってガードレールに突っ込んだ』
・『遠隔操作によって制御されている』

「まとめ」

まとめとして、「動作」というのは人のからだの動き等を指しております。

機械の動きも意味しておりますので、把握してください。

また、「操作」というのは機械系の操作や、世間体や面子を気にして恥ずかしくないようにする意味でも使われます。

以上が「動作」「操作」の違いや使い方でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典