スポンサーリンク

「動向を見る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「動向を見る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「動向を見る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「動向を見る」とは?意味

「動向を見る」とは、「変化して動いていく方向を見ること」を意味しています。

「動向を見る」という言い回しは、「個人(人物)あるいは集団(社会)がこれから動いていく方向を見ること、方向性を見てから判断すること」を示唆しています。

「動向を見る」の表現には、「実際に目で見ることができる行動の動き」だけではなくて、「目で見ることはできない心理状態の動き」を見るといったニュアンスも備わっています。

また「動向を見る」という言い方には、「個人・社会(集団)が変化して動いていく方向・傾向」だけではなく、「現象・情勢が移り変わって動いていく方向・傾向」といった意味合いもあります。

「動向を見る」というのは、「時間経過と共に移り変わっていく物事の動きやその方向を見ること」を意味している表現なのです。

「動向を見る」の概要

「動向を見る」という表現は、「動向(どうこう)」「見る(みる)」を組み合わせてつくられている一般的な表現です。

「動向」という名詞の言葉は、「個人および社会が変わっていく方向」「目に見えない人の心の動き」「現象・情勢・思潮などが移り変わっていく傾向」といった意味合いを持っています。

「見る」という動詞の表現はそのまま、「目で見ること・情報(データ)などを確認すること」を示しています。

それらの意味から、「動向+見る=動向を見る」「個人や社会がこれから動いて変わっていく方向を見ること・現象や情勢が移り変わっていく潮流(動き)を見ること」を意味していることになります。

「動向を見る」の言葉の使い方や使われ方

「動向を見る」という言葉は、「人や社会が現在そして未来において変わって動いていく方向を見ること」の意味で使う使い方になります。

さらに「動向を見る」の使われ方として、「社会的・自然的な現象が時系列に従って移り変わっていく様子・傾向を見る」といった意味合いで使われることも多くなっています。

例えば、「関係諸国の動向を見た上で外交政策の選択をしたいと考えています」「景気の動向を見ると小売業・外食業・宿泊業の客数や売上が大きく落ち込んでいるようです」といった例文で使用することができるのです。

「動向を見る」を使った例文(使用例)

・『先進国の人口動態・女性特殊出生率の動向を見ると、日本だけではなくどこの国でも出生数は過去の時代より減少傾向で、移民を受け入れなければ人口も減りやすい流れになっています。』
・『新型コロナウイルスの感染者数の動向を見ると、猛暑続きだった夏の季節に急増して、気温が下がってきた9月に減少傾向を見せ始めました。』
・『世界経済の景気の動向を見てみると、新型コロナウイルスの蔓延で不況になった業界は多いものの、株式などの金融市場は逆に値上がりを続けています。』

まとめ

「動向を見る」という表現の意味や概要について解説しましたが、いかがでしたか?

「動向を見る」という言い回しは、「個人あるいは集団・物事がこれから動いていく方向を見ること、時系列に沿った物事の傾向・様子の変化を見ること」を意味しています。

「動向を見る」という表現の意味を詳しくリサーチしたい人は、この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典