スポンサーリンク

「動因」と「動機」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「動因」と「動機」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「動因」「動機」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「動因」とは?

「動因」は、物事を動かすきっかけが、自己が持つ生きることに対する要因で食べること、眠ることなど当たり前であることを行動で示すことです。

逆に、生きるのにそれは必要ではないよねという物は、「動因」ではなく、「動機」に当たる部分があげられます。

その為、「動因」は絶対に、人間が持つ要素でかつ生きるために必要な当たり前の行動を取ること以外を心理的な意味では意味しません。

「動機」とは?

「動機」は、生きるという当たり前のこと以外に、行動のもとになる要素のことを指し、「動因」と異なり生きるうえで必要性が無いことに対しての行動の元のことです。

例えば、お店の商品を盗むということは、生きるうえで商品を盗んだ場合、取るという行為が正当化されれば、「動因」ですが、十分な資金があるうえで、十分な商品を購入可能な資金があるにもかからわず、それを行わなかった場合、「動機」という言葉に置き換わります。

「動因」と「動機」の違い

「動因」「動機」の違いは生きるうえで必要な行動を心理的に示す言葉であるか、生きるうえで必要のない行動に対しての行動を心理的に示す言葉であるかにあります。

「動因」の例文

・『万引きという犯罪に関する動因を交錯する』
この例は、生きるうえで必要性のある万引きを行ったことを考える例です。

「動因」は、心理を考えることにあり、この例の場合生きるために必要な行動が万引きであり、それを考えることを意味します。

「動機」の例文

・『万引きという犯罪に対する動機を交錯する』
この例は、生きるうえで必要性のない万引きに関しての心理を考えるという例です。

「動機」は、行動の心理で生きるうえで必要性のない行動を指します。

その為、例えば、この例であれば、「動機」は物を奪うというスリルだったり、寂しさからくる第3者にかまってもらえるという心理だったりするのです。

まとめ

「動因」「動機」は、心理学においては、「動因」は生きるために行動する心理であるため、たとえ犯罪でありそれが生きるために必要であれば、「動因」として原因や心理を探ります。

一方、「動機」は、生きるうえで必要性はないのですが、その考えに至ることを重要としますので犯罪などにおいては犯罪者の心理を知ることが主です。

その為、両者の違いを述べた場合、「動因」は生きるために行動する心理で、「動機」は生きるうえで必要のないん人間が起こす行動心理に当たります。

なお、この文章の中で、生きるために仕方なく盗みをするという記載がありますが、たとえそれが「動因」と言われる心理を表す言葉であっても犯罪行為であるため、生きるために仕方なくといえば罪が軽くなるというわけではありませんので、犯罪は犯罪として処罰されますので「動機」であれ「動因」であれ犯罪であれば両者は容赦なく裁きを受ける対象となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典