スポンサーリンク

「勤務先」と「所属先」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勤務先」と「所属先」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

書類にお勤め先などを記入していると、思わず首を傾げたくなることもあります。

この記事では、「勤務先」「所属先」の違いを分かりやすく説明していきます。

間違えやすい言葉を、しっかり学んでおきましょう。

スポンサーリンク

「勤務先」とは?

勤務先とは、働いている会社の名前や住所のこと。

「この会社でお仕事をしています」と周囲に伝えるための記入欄です。

ひと口に勤務先といっても、どの書類に書くかによって、その内容も少しずつ変わってきます。

たとえば保育園や学童保育に提出する「勤務先」なら、実際に仕事をおこなっている支店名や連絡先を書きます。

お子さんにもしもの事があったとき、すぐに保護者と連絡がとれる場を伝えておくと丁寧です。

転職の職務経歴書やマンションの入居申込書には、本社名と支店名を両方書くと安心です。

生活がどのくらい安定しているか見られているため、きめ細やかに書く必要があります。

「何を知りたいのか」相手の思いを想像しながら、書式を完成させていきましょう。

「所属先」とは?

所属先とは、通っている大学や学科名のこと。

学会に論文を投稿するとき、プロフィール文を作成するときに求められる入力項目のことです。

所属先を書く必要があるのは「私はこういった所で、研究をおこなっています」と内外に広くアピールするためです。

大学の場合は、大学名と学科名そして教授や助教授などの役職名も書いておきます。

企業に勤めている場合は、企業名と部署名そして役職を記します。

所属先はいわば論文の「その人の顔」

肩書きのようなものになります。

間違いがあると別の団体に迷惑をかけてしまうことになるため、誤りがないように丁寧に記載することが大切です。

「勤務先」と「所属先」の違い

どちらも書類を書くとき、とても重要な項目です。

「勤務先」「所属先」の違いを、分かりやすく解説します。

・色々なシーンで使うのは「勤務先」「勤務先」「所属先」は、とてもよく似た言葉です。

勘違いしやすいのですが、日常生活でよく使われるのは勤務先。

配属先は学会に論文を発表するとき、大学関係者の方が用いる特異な言い回しになります。

そのため頻度の高いのは「勤務先」、頻度が低いのは「配属先」です。

「勤務先」「所属先」は、その人がどこで仕事をしているのか、あるいは研究をしているのか。

分かりやすく、相手に伝えるための項目です。

そのため「勤務先」を書くときは、どこまで記入しておくと安心なのか、目的を考えて書き添えることがおすすめです。

迷った場合は本社に加えて、実際に仕事している配属先や支社の連絡先も書いておくと親切です。

まとめ

「勤務先」「所属先」の違いを分かりやすくお伝えしました。

勤務先は仕事をしている企業名や連絡先のこと。

どこで働いているか、伝えるための手段です。

所属先は通っている大学や学科名のこと。

どこで研究しているか、広めるための手段です。

どちらも個人情報につながる重要な項目なので、間違いのないよう正しく記入していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典