「化粧水」と「乳液」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「化粧水」と「乳液」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「化粧水」「乳液」の違いを分かりやすく説明していきます。

「化粧水」とは?

「化粧水」の意味と概要について紹介します。

「化粧水」の意味

「化粧水」「けしょうすい」と読みます。

意味は「洗顔により失われた水分を取り戻すスキンケア化粧品」です。

「化粧水」の概要

「化粧水」は、洗顔により水分が失われた肌に、水分を与えて調子を整えるスキンケア化粧品です。

肌の表面にある角質に、水分が充分あることで、他のスキンケア化粧品の浸透率が高まり、効果が出易くなるのです。

肌の水分は、洗顔をすると汚れと共に洗い流され失われてしまいます。

その水分を補う為に化粧水があるのですが、最近では美白成分や保湿成分が含まれている商品も増えて来ています。

ただし、化粧水は、洗顔で失った本来の水分だけを取り戻すものであり、元以上に潤いを与えてくれる効果はありません。

「乳液」とは?

「乳液」の意味と概要について紹介します。

「乳液」の意味

「乳液」「にゅうえき」と読みます。

意味は「肌に与えた水分がなくならない様にするスキンケア化粧品」です。

「乳液」の概要

「乳液」は、肌に与えた水分を逃がさな様にする為のスキンケア化粧品です。

洗顔後に「化粧水」で水分を補給した後、その水分が失われない様に、毛穴をカバーする働きがあるのです。

「乳液」には「化粧水」になはい油分が含まれているので、毛穴のフタの代わりをしてくれます。

因みに、「乳液」は白い液体が多いのですが、「牛乳」が含まれている訳ではありません。

水と油分を界面活性剤などにより乳化すると白っぽくなることからその様に呼ばれているのです。

「化粧水」と「乳液」の違い!

「化粧水」「洗顔により失われた水分を取り戻すスキンケア化粧品」です。

「乳液」「肌に与えた水分がなくならない様にするスキンケア化粧品」です。

まとめ

今回は「化粧水」「乳液」の違いをお伝えしました。

「化粧水は水分を補う」「乳液は水分を保つ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典