スポンサーリンク

「医療保険」と「健康保険」とは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「医療保険」と「健康保険」とは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康は人生において重要なものであり、これを失うと色々なデメリットが発生します。

そういった際に便利な制度としては「医療保険」「健康保険」があります。

将来のことを考えるとしっかりと加入しておきたい制度ですが、内容はそれぞれ異なるものなのでしっかりと把握しておくのが大切です。

この記事では、「医療保険」「健康保険」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「医療保険」とは?

「医療保険」は公的な種類のものと、民間保険会社が提供しているものと2つが存在しています。

どちらも通常の通院から万が一の事故や入院に対しての補償や負担してくれる制度であり、保険料を支払うことで契約します。

「医療保険」は公的な「医療保険」をカバーするものが多く、高額になりがちな医療費に対するサポートするものが多数あります。

民間の「医療保険」は基本的なものから高度医療に対するものまで様々なプランが用意されており、自分で選択して選ぶことが可能です。

公的な「医療保険」と違い民間の「医療保険」は任意で加入するものとなっており、様々な保険会社から比較検討して選べます。

「健康保険」とは?

「健康保険」とは公的な「医療保険」の1つであり、一般的には会社員が加入するものを示します。

公的な「医療保険」は国民皆保険制度であり、国民全員が加入するものとなっています。

公的な「医療保険」には「健康保険」以外にも自営業などが加入する国民健康保険、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度があります。

「健康保険」は会社員が加入する職域健保であり、これは扶養家族も一緒に加入することが可能です。

医療費負担は3割であり、保険料は給料から天引きされるなど普段の通院から入院までの負担を大きく減らせます。

会社員健康保険料は会社側が半分を負担してくれるのも特徴です。

「医療保険」と「健康保険」の違い

「医療保険」は公的なものと民間のものと2種類あり、このうち公的な「医療保険」の1つが「健康保険」となります。

健康保険は基本的に会社員ならば全員が加入するものであり、医療費負担が3割となっていますが、これでは補えない部分をカバーするのが「医療保険」なのです。

「医療保険」の例文

・『医療保険の見直しを勧められて、新しいオプションを追加した』
・『ライフステージに合わせた医療保険を考えるのは大切だと思う』

「健康保険」の例文

・『社会人になって健康保険に加入をしたが、まさかこんなに早く役立つ時が来るとは思わなかった』
・『健康保険は扶養者も一緒に加入するので、万が一のことがあっても安心だ』

まとめ

日本の国民皆保険制度は世界でもトップクラスのものであり、「健康保険」の制度はとても優れていることで有名です。

しかし病気は突然やってくるものであり医療費も予想外に掛かることが多く、そんな時の負担をカバーするために存在するのが「医療保険」なのです。

普通の治療だけではなく生活習慣病やガンに対する保険もあり、自分で自由にプランを選択することが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典