スポンサーリンク

「十三夜」と「十五夜」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「十三夜」と「十五夜」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋は空が澄んでいて、夜の月も美しく見える季節です。

中でも、「十三夜」「十五夜」は有名なお月見の夜です。

この記事では、「十三夜」「十五夜」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「十三夜」とは?

「十三夜」とは、陰暦で毎月13日の夜のことを言います。

その中でも特に9月13日を指し、満月に近い、または満月の夜のことを意味しています。

ちなみに、2021年は10月18日が「十三夜」です。

「十三夜」「十五夜」の次に月が美しいと言われる日です。

「十三夜」は他にも、「後の名月」「栗の名月」、または、「豆名月」とも呼ばれています。

「後の名月」「十五夜」の約1か月後というところから来ています。

また、「栗の名月」「豆名月」は、「十三夜」には栗や枝豆(大豆)をお供えすることからの由来です。

「十三夜」は他にも、「十五夜」と同じく、ススキや団子をお供えします。

「十三夜」は日本独特の風習で、平安時代に貴族が行っていたという説など、由来は諸説あります。

また、お月見は「十五夜」だけ、または、「十三夜」だけしか行わないと、「方月見」と言って、縁起が悪いとされてきました。

「十五夜」とは?

「十五夜」とは、陰暦で、毎月15日の夜のことで、特に8月15日の満月の夜のことを指しています。

旧暦の8月15日の夜は、「中秋の名月」と言って、1年でもっとも月が美しい夜です。

「中秋」の意味は「秋の真ん中の日」と言う意味から来ています。

また、「十五夜」はススキと団子の他にも、芋をお供えすることから、「芋名月」とも呼ばれています。

「中秋の名月」を鑑賞する風習は元々、中国で行われてきました。

それが平安時代頃に、日本にもその風習が伝わってきました。

平安時代の頃は貴族の間だけでお月見をしてきました。

しかし、江戸時代に入ると、一般庶民もお月見を行うようになりました。

「十三夜」と「十五夜」の違い

「十三夜」「十五夜」の違いを、分かりやすく解説します。

「十三夜」は、陰暦の毎月13日の夜のことで、特に9月13日の夜のことを言います。

一方、「十五夜」は、陰暦で、毎月15日の夜のことを言い、中でも8月15日の夜は「中秋の名月」と呼ばれています。

「十三夜」は日本独特の風習ですが、「中秋の名月」「十五夜」は中国で始まり、後に日本に伝わってきました。

また、「方月見」と言って、「十三夜」「十五夜」のどちらかのお月見を行わないことは縁起が悪いとされています。

まとめ

「十三夜」「十五夜」のお月見は、「豊作を祝う」「月を愛でる」、または、「月に祈る」などの意味があります。

日本でも太古の昔から満月を鑑賞する習慣はあったようです。

やはり満月には特別なものを感じる人が多かったのでしょう。

また、月に関する物語も数多く生まれてきました。

「十三夜」「十五夜」の由来や、その意味を知ることで、よりお月見を楽しむことができるかもしれません。

これらの日以外でも、夜は月を鑑賞することができます。

たまには夜空を見上げて、月を眺め、静かでゆったりとした時間を過ごすのも良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典