スポンサーリンク

「協賛」と「タイアップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「協賛」と「タイアップ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「協賛」「タイアップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「協賛」とは?

「協賛」は、企業の趣旨に対して賛同したうえで企業を支えるために資金を援助することにあり、資金を援助することで自社の評価を陰ながらアップさせることで出資先と出資減の両者がともに賛同できる考えに至ることです。

逆を返せば、両者の内、どちらか片方だけしか満足のいく結果にならない場合、「協賛」は成立しません。

「タイアップ」とは?

「ライアップ」は、企業に対して賛同したうえで露骨に自社が協力していますと周囲に知らしめる行為です。

つまり、スポンサーなどで協力してくれるスポンサーをテレビCMやネットサイトなどであからさまに記載することを「タイアップ」と呼び、両者がいかに結びつきがあるかを示すことを「タイアップ」と呼びます。

「協賛」と「タイアップ」の違い

「協賛」「タイアップ」の違いは、協力して援助をする企業が露骨に協力していることをアピールするかしないかです。

「協賛」はあくまで陰ながら企業を支えるニュアンスですが、「タイアップ」は協力していることを前面に出します。

なお、「タイアップ」には面白い側面があり、支援者側を支援されている企業が宣伝することもあり両者は支えあうことでお互いが周囲に知られるという特性を持つのです。

「協賛」の例文

・『協賛スポンサーを募集する』
この例は、対象となる会社に対して協力して支援を行う企業を募集することを意味します。

なお、支援者は露骨に自社が支援をしていることを前面に出さないのが「協賛」で前面に支援して協力していることを示したいのであれば、「タイアップ」です。

「タイアップ」の例文

・『タイアップ広告を作成する』
この例は対象となる企業と協力関係にあることを広告で露骨に宣伝するための広告を作るという例です。

「タイアップ」は露骨な宣伝活動になるため、支援企業側は支援をしていることを周囲に知らしめるために名前の他商品などを共同で作成していることを広告に載せることができます。

まとめ

「協賛」「タイアップ」の違いは、企業に対して支援を求める際露骨に支援をする企業を宣伝するか否かです。

「協賛」はあくまでスポンサーという形でさりげなく出資者だとしますが、「タイアップ」は露骨に出資者だと記載したり、両者の協力のお蔭でこのような商品ができたと両方の会社がコラボしていることを露骨に宣伝します。

この露骨さが、両者の異なる点で近年、「タイアップ」が着目されているのは両社の宣伝を最も有効的に行うことが可能なコラボが可能であるためです。

コラボであれば、両社の商品を合わせることができ、かつ両社の良い所を合わせれば強力な商品となり他を圧巻できるのです。

しかも、コラボは、実は両者は仲が良いということもアピール可能で決して敵対関係にある企業同士だと周囲に誤解されないようふるまうこともできます。

無論、実際はライバル同士であってもコラボ中は両社の評価が上がるので共同出資という方法の「タイアップ」は現在最も企業にとってお互いを宣伝する手法なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典