スポンサーリンク

「単純作業」と「流れ作業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「単純作業」と「流れ作業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「単純作業」「流れ作業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「単純作業」とは?

ある程度やることが決められていて、固定されている作業のことです。

いろいろな業種に、「単純作業」はありますが、製造業や工場などで行われることが多くなります。

具体的には、検品や、梱包、仕分け、組み立てや加工、清掃などの仕事があります。

資格や経験が必要なものもありますが、特別なスキルを必要としないものが多くなります。

英語で言う時には、“simple work”になります。

「単純作業」の類語は、「マニュアル通りの作業」や、「ルーチンワーク」「単純労働」【たんじゅんろうどう】などです。

アルバイトなどの求人では、「軽作業」と呼ばれていることもあります。

「流れ作業」とは?

機械と作業員を配置して、水が流れるように、材料などをベルトに乗せて流しながら、配置された各人が、受け持っている作業を加えていくやり方のことを指します。

標準化されている大量の製品を作るのに適している組織の形態です。

ライン生産方式ともいいます。

従事する作業員は、ベルトコンベアで運ばれてくるものに加工したり、部品を取り付けたりしていきます。

製品完成までの流れの一部をそれぞれの担当者が取り組むことによって、効率よく製品がつくられていく方法です。

単調な作業が苦にならない人、集中力のある人などに向いている仕事です。

広義では、それぞれの担当へ流れるように仕事を受け渡して進めていくことや、いつもの流れで行う仕事を表すことがあります。

いつもの作業を表すときに「流れ作業」と表現するときには、本人にとっては単純な仕事だけれど、他の人にとっては難しい仕事だということも、ありえます。

英語では、“assembly line operation”や、“assembly line work”などといいます。

「単純作業」と「流れ作業」の違い

「単純作業」は、作業内容が決められていて、イレギュラーなことが少ない仕事です。

特別なスキルを必要としないものが多くなります。

それに対して、「流れ作業」は、工場などで、ベルトコンベアで材料を流し、作業員が担当する仕事を、行います。

作業の効率化のため、一人の担当するものは限られていて、手を加えたら次の人に送って製品を完成させます。

どちらかというと、「単純作業」のほうが広い範囲の仕事を表していて、ほとんどの「流れ作業」は、「単純作業」だといえます。

「単純作業」の例文

・『単純作業が好きで、同じことをしていると心が落ち着きます』

・『単純作業だからといって、ミスは許されない』

「流れ作業」の例文

・『流れ作業は簡単かと思ってやってみたが、スピードについていけなかった』

・『流れ作業にロボットが導入されて、作業員が減らされてしまいました』

まとめ

この二つの言葉は、よく似ていますが、少し意味が違います。

違いを知って、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典