スポンサーリンク

「危ない」と「危うい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「危ない」と「危うい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「危ない」「危うい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「危ない」とは?

「危ない」には5つの意味があります。

1つめは、人を不幸にする出来事が起こりそうであるのです。

子どもが公園で遊んでいたとき、ボールが道路の方に転がっていきました。

子どもはそれを追いかけていきます。

そのとき、道路を車が勢いよく走ってきました。

そのまま子どもがボールを追いかけ続けたら、車に引かれる可能性があります。

車に引かれるという出来事は、人を不幸にする出来事といえます。

そういった事態が起こりそうなので、このことは「子どもが危ない」ということができます。

2つめの意味は、すぐにダメになりそうなことです。

死や消滅などが近いということを意味しています。

もうすぐ死んでしまいそうなとき、「命が危ない」などといいます。

3つめは、物事の成り行きが暗いことです。

明日は晴れて欲しいと思っていたとします。

しかし、天気予報では雨が降るかもしれないといっているし、空は暗くて雨が降りそうな状態です。

明日は晴れそうもありません。

つまり、見通しが暗いのです。

このことは「天気は危ないようだ」といえます。

4つめは信頼できる程度が薄いことです。

「その話は危ない」などの使い方をします。

5つめは不安定だです。

岩がごつごつとしている山道は、足元が不安定です。

こういったところを歩くことを「危ない」といいます。

「危ない」の使い方

危険だ、不安定だ、見通しが暗いといった意味で使用をします。

明るい話に使われることはなく、暗い話、否定的な話に使われることが多いです。

「危うい」とは?

「危うい」には2つの意味があります。

一つは、身体を傷つけたり、生命が脅かされたり、災害が起こったりしそうであることです。

「危ういところ」という使われ方をすると、危険な状態になりそうだったけれど、幸いにも助かったという意味合いになります。

もう一つは、どうなるか不安で気になる、不安定です。

「危うい立場」といった場合、この先立場がどうなるのか不安だという意味合いになります。

「危うい」の使い方

危険が近いという意味や、不安であるという意味で使用をします。

「危ういところ」という使い方をすると、望まない結果が起こりそうだったけれど、そうはならなかったという意味になります。

「危ない」と「危うい」の違い

前者の言葉は、悪い結果になる可能性があるという意味を持っています。

また、信頼度が低い、見通しが暗いという意味もあります。

後者の言葉は、不安定だ、気がかりだといった意味合いになります。

また、危険なところだったけれど助かったという使い方もされます。

「危ない」の例文

・『危ない行為はやめなさい』
・『危ないな!』

「危うい」の例文

・『危ういところを助かった』
・『このままだと合格は危うい』

まとめ

どちらの言葉にも「危」という漢字が同じ意味を持っているように感じますが、ニュアンスが違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典