スポンサーリンク

「即答」と「速答」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「即答」と「速答」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「即答」「速答」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「即答」とは?

「即答(そくとう)」という言葉は、「質問に対して、その場ですぐに行われる返答」を意味しています。

「即答」というのは、「質問・問題に対して、即座に答えること」を示す言葉です。

そのため、「即答」の表現は「相手から問いかけられた時に、その場で即座に答える」といった意味合いを持っているのです。

「即答」の意味のニュアンスとして、「問いかけを受けてから、場所や日にちを移さずにその場ですぐに答える」といったニュアンスが備わっているのです。

「即答」は、英語では“a ready answer”と書きます。

「速答」とは?

「速答(そくとう)」という表現は、「質問に対して、速やかに行われる返答」を意味しています。

「速答」というのは、「質問・問題に対して、速いスピードで(時間を空けずに)答えること」を示す表現なのです。

その意味から、「速答」の表現には「相手から質問を受けた時に、スピーディーに(素早く)答える」といった意味合いがあるのです。

「速答」という言葉には、「質問・問題の提示を受けてから、長い時間を空けることなく速やかに(素早く)答える」といったニュアンスが備わっています。

「速答」は、英語では“an immediate answer”と表記することができます。

「即答」と「速答」の違い

「即答」「速答」の違いを、分かりやすく解説します。

「即答」というのは、「問いかけられた時に、場所や日時を移さずにその場ですぐに返答すること」を意味しています。

「速答」には、「場所」を移さずに「その場」ですぐに答えるの意味まではない違いがあります。

「速答」というのは、「問いかけ・試験の問題などに対して、時間を費やさずにスピーディーに返答すること」を意味している言葉になります。

特に「試験で出された問題などに対して、時間をかけずに素早く(速い速度で)答える」という場合には、「即答」ではなく「速答」を用いるといった違いを指摘できます。

逆に「面接・会議などの場面で質問を受けて、その場で即座に答える」という場合は、「速答」ではなく「即答」を使ったほうが適切な使い方になる違いがあるのです。

「即答」の例文

・『重要なビジネスの交渉場面では、企業は判断ミスをしないため、即答を避けていったん案件を持ち帰る傾向があります。』

・『会社説明会の場で、弊社のために今すぐあなたが貢献できることは何かと問われても、新卒の学生に即答することは難しいでしょう。』

「速答」の例文

・『有名予備校の講師であれば、難関大学の入試問題であっても速答できるだけの学力が求められます。』

・『この試験は問題数がかなり多いので、一つ一つの設問に丁寧に向き合うよりも、すべての問題に速答できるスピードが大切です。』

まとめ

この記事では、「即答」「速答」の意味の違いや例文を紹介しましたがいかがでしたか。

「即答」「速答」の意味の違いを詳しく調べたい場合には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典