スポンサーリンク

「即納」と「後納」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「即納」と「後納」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「即納」「後納」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「即納」とは?

最初に「即納」の意味をご説明致します。

「即納」の意味としては、対象となる物またはお金をすぐに納められるという意味です。

また、その場で納めるという時にも使いますので、把握しておいてください。

「後納」とは?

次は「後納」の意味を解説していきます。

「後納」の意味は、対象となる品物代や料金等を後からになって払うことです。

簡単に言うと、「後払い」と言った方が理解するのに早いかもしれません。

因みに「後納」の対義語は「前納」になります。

「前納」というのは、対象となる料金を利用や購入前に払うという意味になります。

参考になれば幸いです。

「即納」と「後納」の違いとは?

この項目では「即納」と「後納」の違いを取り上げていきます。

「即納」の意味は、対象となる物やお金をすぐに納められるという意味になります。

その場で対処できる際にも使います。

「後納」とは、対象となる物の品物代や利用料金を、後からになって払う(後払い)という事です。

よって違いとしては、「即納」は、すぐに納めるということです。

「後納」は利用後に納めることと認識すると分かりやすいので、押さえておいてください。

「即納」と「後納」の使い方の違い

次の項目において、「即納」「後納」の使い方の違いを見ていきます。

「即納」イコールすぐに納めることです。

「後納」イコールあとから納めることです。

よって使い方としては、前者は「この品物は即納だ」というのが分かりやすい使い方です。

後者の方は、「料金後納郵便で発送しました」という使い方が非常にイメージしやすいでしょう。

私達の家のポストに投函される郵便物は、大体が料金後納郵便が多いので、参考にもしやすいはずです。

「即納」を使った例文

では「即納」を用いて例文を書きます。

・『即納できる品物が数多くあるショップだ』

・『うちの父親は厳格なので、公共料金等はすぐに即納するようにと教育された』

・『即納と書いてあるのに、中々荷物が届かない』

・『お客様が即納した荷物を大変気に入ってくれたようだ』

・『即納するには運送会社との連携が必要です』

以上が「即納」を使った例文です。

参考にして、自分の使い方を見つけてください。

「後納」を使った例文

最後に「後納」を使った例文を書いていきます。

・『料金後納郵便の郵便物が多い』

・『後納で支払うものは、うっかりすると忘れてしまうことがある』

・『公共料金は後納扱いである』

・『後納で支払うならば、忘れないように支払うようにしよう』

・『支払が後納よりも前納の方が、忘れにくい』

以上が「後納」を使った例文になります。

参考にしていただければ幸いです。

まとめ

最後のまとめは、「即納」というのは対象の物やお金をすぐに納められるという意味です。

その場で対処・対応できる場合にも使います。

そして、「後納」というのは対象となる品物代や料金が、後からになって払うという意味になりますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典