「原付」と「スクーター」の違いとは?分かりやすく徹底解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スクーター」とは?

「スクーター」とは、小型オートバイの一種・スクーターはバイクの種類の名前で、排気量125cc以下を示します。

両足を揃えて座席に座って運転するタイプのバイクの種類で、「スクーター」という意味をきちんと理解しておくことで、「スクーター」選びをするときなど、じっくり見つけることができますし、どういったものを「スクーター」というのか理解できるはずです。

「原付」とは?

「原付」とは、排気量50cc以下の乗り物で、「原付」バイクは原動付二輪車の略になります。

自動車の普通免許を持っていると乗ることができるので、けっこう「原付」に乗っている方も多く、この意味の違いをきちんと理解しておくことは重要になります。

「スクーター」と「原付」の違い

「スクーター」「原付」の違いについてご紹介します。

「スクーター」は、排気量125cc以下を示し、「原付」は排気量50cc以下の乗り物です。

共に排気量の違いがあり、排気量とはエンジンの性能の違いになるためその辺を理解しておきましょう。

エンジンの違について、小さい場合は車体で小回りで、短距離が得意です。

大きいエンジンは、長距離が得意で操作性も上がります。

「原付」の具体例

原付」の具体例をご紹介します。

「原付だと小回りがきくので便利です」

排気量50cc以下だと小回りがきいて便利ですといった解釈になります。

やはり車だと朝の通勤時間帯などラッシュで混み合うこともありますが、「原付」だと小回りがきくので混雑時もスーッと渋滞を抜けることができ、時短にも繋がるので便利です。

「晴れた日は原付で買い物へ行くようにしています」

晴れた日は、排気量50cc以下のバイクに乗り買い物へ行くようにしていますという解釈です。

やはり小回りがきいて運転しやすいので、ちょっと近所に買い物へ行くときなど「原付」は便利なので、活用しやすいです。

「原付で出かけたけど、渋滞を避けることができ、ラッキーでした」

排気量50cc以下のバイクで出かけたけど、渋滞を避けることができ、ラッキーでしたという解釈です。

やはり小回りがきくので「原付」は渋滞を避けることができ、何かと便利な様子を読み取ることができます。

「スクーター」の具体例

「スクーター」の具体例をご紹介します。

「スクーターに乗って出かけました」

排気量125cc以下のバイクに乗って出かけましたという解釈です。

「スクーター」で出かけたことで小回りがきいて便利だなぁというイメージを受け取ることができます。

「スクーターは乗りやすく、ちょっと出かけるのに便利です」

排気量125cc以下のバイクは乗りやすく、ちょっと出かけるのに便利ですという解釈です。

会もや近所に出かけるときに「スクーター」があると便利なので、活用している様子がよくわかります。

「スクーターの点検は定期的に行っています」

排気量125cc以下のバイクの点検は定期的に行っていますという解釈です。

定期的にメンテナンスをすることで「スクーター」を安心安全に乗ることができますし、そうした意味を含んでいることを読み取ることができます。

「原付」と「スクーター」の使い分け

「原付」「スクーター」の使い分けは、排気量は50cc以下、125cc以下の違いになるため、エンジンの大きさや馬力など違いが出てきます。

使い分けに関しては、基本的にはエンジンの大きさを想像することができ、またその違いによって「原付」「スクーター」など使い分けます。

「単車」と「原付」の違いとは?

「単車」「原付」の違いをご紹介します。

「単車」は、第二次世界大戦後に「単車」という言葉をいうようになり、サイドカーを取ったバイクのことを「単車」というようになったのが一番最初のきっかけになります。

けっこう年配の方が「単車」という言葉を使うのもこの流れが影響していると言えます。

「原付」は、排気量50cc以下で小さな小回りがきくバイクのことを意味します。

これにより違いがわかるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典