スポンサーリンク

「原理」と「原則」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「原理」と「原則」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「原理」「原則」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「原理」とは?

「原理」には、2つの意味があります。

1つめは、基本法則のことです。

ものごとのよりどころにする根本法則を意味します。

「てこの原理」のように使用します。

もう一つの意味は、哲学に関する意味で、他を規定するけれども、それ自身は他に依存しない根本的なものを意味します。

ラテン語では“principium”とつづり、“prin”「最初の」“cipi”「石」を意味します。

この語が日本語では「原理」と訳されました。

「原」という漢字には、おおもとという意味があり、「理」という漢字には、ことわり、すじという意味があります。

ことわりとは、物事のすじみち、道理のことです。

「原則」とは?

「原則」は、共通の決まりを意味します。

多くのものに当てはまる場合の共通について使用されます。

「原則的に部外者には公表することができない」といった使い方をします。

「則」という漢字には、きまり、おきてという意味があります。

「原理」と「原則」の違い

「原理」は法則について使用される言葉です。

「原則」は決まりについて使用される言葉です。

「原理」「てこの原理」のように使用されますが、てこの原理は人間が決めた法則ではなく、一定の条件では起こるものです。

それに対して「原則」は、人間が決めたものです。

まとめ

「原理」は普遍的な法則を意味し、「原則」は共通の決まりを意味する言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典