「厨二病」や「中二病」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「厨二病」や「中二病」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厨二病」「中二病」の違いを分かりやすく説明していきます。

「厨二病」とは?

「厨二病」の意味と概要について紹介します。

「厨二病」の意味

「厨二病」「ちゅうにびょう」と読みます。

意味は「中二病をネットスラング化させた言葉、中学2年生の思春期の頃にありがちな思想や考え方」です。

「厨二病」の概要

「厨二病」は、「中二病」がネットスラング化した言葉で、同じ意味です。

現在では「厨二病」の方が一般的であり、より思春期の真っただ中でエゴが出る時期のイメージが強調されています。

「中二病」とは?

「中二病」の意味と概要について紹介します。

「中二病」の意味

「中二病」「ちゅうにびょう」と読みます。

意味は「中学2年生頃の思春期の児童にみられる、背伸びしがちな言動」のことです。

「中二病」の概要

「中二病」は、思春期に入り、自我が芽生えてきた時の言動を表す言葉です。

自分の存在を強く意識して、自分の世界における役割を強く考える様になり、まるでゲームのキャラになった様に自分は特別な、選ばれた存在で、他の人とは違うのだと思い込みます。

自分の世界観を作り、その中に浸り、現実逃避をすることもあります。

親や大人を俗物だと思い、反抗したり、背伸びして秘密を持ったりして満足に浸るのです。

大人から見れば「痛い言動」が目立ち、丁度中学2年生位の児童によく見られる傾向であることから名づけられました。

由来はラジオの人気番組のコーナー名からきています。

「厨二病」と「中二病」の違い!

「厨二病」は、「中二病」がネットスラング化した言葉で、同じ意味です。

「中二病」は、「中学2年生頃の思春期の児童にみられる、背伸びしがちな言動」です。

まとめ

今回は「厨二病」「中二病」の違いをお伝えしました。

「厨二病はネットスラング」「中二病は中学2年生位の子供にみられる背伸びした言動」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典