スポンサーリンク

「厳格」と「厳重」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「厳格」と「厳重」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厳格」「厳重」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「厳格」とは?

規律や道徳などに厳しく、不正や怠慢などを許さないことを意味する「厳格」

厳しく正しいことを意味する言葉です。

「厳格」「格」には、おきてや決まりといった意味があり、格式などといった言葉に用いられる言葉です。

そのような意味から、漢字から格式に厳しい といった意味がわかります。

「厳格」を他の言葉で言い換えると、「シビア」「厳正」「厳密」「厳しい」「儼たる」「厳たる」「酷しい」などとなります。

また、反対の意味を持つ言葉には、「だらしない」「しだらあい」

「寛容」「寛大」などがあります。

「厳格」の使い方

なにが「厳格」なのかを示す使い方として、「厳格な家庭」「厳格な父」「厳格な先生」「厳格な教育」「厳格な対応」などがあります。

「厳重」とは?

いい加減なことなどせず、厳しい態度でものごとに対処することを意味する「厳重」

「厳重」は、厳しく重いと書きます。

それだけ、厳しく重い対応をとることが「厳重」となります。

「厳重」を他の言葉で言い換えると、「厳しい」「シビア」「厳密」など、「厳格」とほぼ変わりません。

「厳重」の使い方

何を「厳重」にするのかといったことを示す使い方として、「厳重な監視」「厳重注意」「厳重な掟」「厳重な武装」「厳重な取り締まり」などがあります。

「厳格」と「厳重」の違い

どちらも「厳しい」という漢字を用い、「厳しい」「厳しく」といった意味を持つ「厳格」「厳重」

しかし、何に「厳しい」のかといった明確な違いがあります。

「厳格」の場合、規律などに厳しく、不正や怠慢などを許すことはありません。

一方、「厳重」は、いい加減なことはしない、厳しく取り扱うといった意味があり、それぞれ何に対しどのように厳しいのかといった違いがあります。

「厳格」の例文

・『厳格な家庭に育った彼は、子供の頃からわがままなど許されなかったそうです。』

・『厳密な父は、門限などにも厳しく学生時代、友達と遅くまで遊ぶこともできませんでした。』

・『厳格な両親に育てられ、大人になった今、本当に良かったと思っています。』

・『今の担任の先生は非常に厳格な先生ですが、私は好きです。』

「厳重」の例文

・『今回は厳重注意で済んで助かりましたが、「次はないと思え」と言われ、少しビビっています。』

・『非常に高価な品物なので、厳重に取り扱ってください。』

・『我が家には、必ず守らなければならない厳重な掟が1つあります。』

・『大切なペットがここから逃げないよう、厳重に見張っておいてください。』

まとめ

以上のような違いがある「厳格」「厳重」

全く異なった意味となるため、それぞれに適した使い方を行う必要がある言葉です。

何に対して厳しいのか。

そのことを考え使い分ける必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典