スポンサーリンク

「又は」と「及び」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「又は」と「及び」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「又は」「及び」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「又は」とは?

「又は」は、どちらか1つを選ぶ際に用いる言葉です。

しかも、そのどちらかに値するものは、似通ったものとなります。

誰が見ても全く違うものに対し「又は」を用いることはありません。

同じような意味を持つ言葉には、「もしくは」「あるいは」があります。

また「又は」は英語で「or」です。

「もしくは」も英語で「or」「あるいは」も英語で「or」と表し、英語では、「又は」「もしくは」「あるいは」も同じ意味として捉えられています。

「又は」の使い方

「又は」の使い方の基本は、「A又はB」といった使い方です。

「A又はBからお選びください」「A、B又はC」など複数を示すことも可能です。

また、「又は」の場合、句読点の付け方が難しくなりますが、句読点は基本、「又は」の前に付けることとなります。

「及び」とは?

「及び」は、複数の事柄などを並列し挙げるほか、別の事柄を付け加える際に用いる言葉となります。

なにかを付け加え言及するといった意味が「及び」にはあり、同じ内容のことを何度も繰り返し説明する際に「及び」を用いる事で、1回の説明で済ますことができることになります。

同じような意味を持つ言葉には、「並びに」「そのうえ」「達して」「かつ」などがあります。

また、「及び」は英語で「and」です。

「及び」の使い方

「○○と■■」といった形での使い方となる「及び」

そのため、「A及びB」といった使い方が基本となります。

また、句読点においては、「及び」の場合は、2つのみの場合、句読点を付けずに用います。

ただし、3つ以上のものを比較する場合は、「A、B及びC」といったような形で句読点を用います。

「又は」と「及び」の違い

接続詞となる「又は」「及び」

「又は」は英語で「or」となることからもわかるように、何かを比較する際に用いる言葉となります。

その一方、「及び」の英語は「and」です。

そこからもわかるように、何かを並べる際に用いる言葉となり、その点が大きな違いとなります。

「又は」の例文

・『今日のランチは魚焼き定食、又は生姜焼き定食からお選びください。』

・『こちらの会場へは、最寄り駅から徒歩、またはバスをご利用ください。』

・『こちらのセットメニューでは、パン、又はライスをお選びいただけます。』

・『私は、大学又は専門学校への進学を希望します。』

「及び」の例文

・『今回のイベント担当は、総務部及び経理部です。』

・『今回、演奏してくれるメンバーは、栄太君、美恵さん、及び一郎君です。』

・『それでは、担当者及び責任者よりお話させて頂きます。』

・『私が受験する大学の受験科目は英語及び数学です。』

まとめ

以上のように、「又は」「及び」には、接続詞といった共通点しかなく、適した使い分けが求められる、そんな言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典