スポンサーリンク

「友人」と「顔見知り」の違いとは?分かりやすく解

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「友人」と「顔見知り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「友人」「顔見知り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「友人」とは?

「友人」とは、親しくしている相手のことです。

上下関係がなく、対等な付き合いをしている人物に対して使われます。

知り合い以上の関係の、気を許している相手を示す言葉です。

「顔見知り」とは?

「顔見知り」とは、字の通り、顔を知っている程度の間柄という意味です。

特別親しくはないけれど、直接会ったことがあり、互いに認識はしている、という関係のことを指す言葉です。

顔を知っていれば「顔見知り」なので、名前を把握していない場合にも使われます。

「友人」と「顔見知り」の違い

「友人」「顔見知り」の違いを、分かりやすく解説します。

「友人」は親しい人物を指す言葉です。

知人の中で特に深く付き合いがあり、互いを好ましいと感じていて、なおかつ対等な関係の者を「友人」と呼びます。

これに対し「顔見知り」は、単に顔を知っている程度の相手、という意味で使われます。

知人ではありますがさほど親しくなく、あまりその人に関する情報を持っていない場合、「顔見知り」という言葉が当てはまります。

まとめ

「友人」は親しく付き合っている、対等な関係の者のことを指します。

「顔見知り」は、親しく付き合っているわけではないが、顔くらいは互いに知っている、という間柄に対して使われる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典