スポンサーリンク

「友好関係を築く」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「友好関係を築く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「友好関係を築く」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「友好関係を築く」とは?意味

「友好関係を築く」とは、信頼のおける友だちのような関係を作り上げていくと言うような意味があります。

「友好関係を築く」の概要

「友好関係を築く」という言葉を分解して、それぞれの意味を見てみましょう。

「友好」とは、友だちとしての仲の良い付き合いのことを言います。

「関係」は、関わり合いや繋がりのことです。

「築く」は、土や石を突き固めて作る。

または、積み重ねて作る。

あるいは、土台からしっかりと作り上げるという意味があります。

これらの言葉の意味を繋ぎ合わせると、友だちとして仲の良い繋がりを、基礎からしっかりと作り上げていく、または積み重ねていくというような意味合いになります。

「友好関係を築く」の言葉の使い方や使われ方

「友好関係を築く」を使った例文をいくつか挙げてみます。

『姉妹都市と友好関係を築く』、『彼女とは公私ともに、長年友好関係を築いてきた』、『私には友好関係を築いている友人がいます』、『ビジネスを成功させるためには、ビジネスパートナーと友好関係を築いていくことが大切です』、『友好関係を築いていくことで、新たな可能性が見えてきます』

「友好関係を築く」の類語や言いかえ

「友好関係を築く」を言いかえた言葉をいくつかご紹介します。

「交友関係を結ぶ」「親交を深める」「信頼関係を築く」「良好な関係を保つ」「良い人間関係を築く」または「繋がりを強くする」などがあります。

「友好関係」に似たような言葉で、「交友関係」があります。

「交友」も友だちという意味がありますが、必ずしも仲が良いとは限りません。

なので、「交友」は単なる友だち関係にあるというだけの意味になります。

交友関係が広い人もいますが、浅く広くの関係で、必ずしもすべての人と友好関係を築いているとは限りません。

まとめ

人間同士の付き合いには、さまざまな関係があります。

良好な関係の場合もあれば、そうでないこともありますし、可もなく不可もなくといった関係もあります。

お互いが個性を認め合うことができれば、より友好関係を築きやすくなるかもしれません。

「友好関係を築く」は、国際関係においても使われている言葉です。

国同士、または地域同士の付き合いにも使われる言葉ですが、やはりそこには人間同士の付き合い方が重要になってきます。

ビジネスの場面も同様ですし、プライベートももちろんのことです。

中にはビジネスパートナーでもあり、家族や友人でもあるような関係性もあります。

ある目的を成功させるためには、そこにはやはり友好関係を築いていくことが必要となるでしょう。

そして、それは人間界だけにおいてではなく、他の世界すべてに共通して言えることです。

自然環境を大切にするために、人間以外の他の動植物とうまく共生していくことは、地球環境を守っていくためにも、今後の大きな課題となっていくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典