スポンサーリンク

「双方」と「お互い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「双方」と「お互い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「双方」「お互い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「双方」とは?

「双方」には、二つのもの、あちらとこちら、二人の人という意味があります。

一つだけのことや二つ以上のことは「双方」とはいいません。

差し向かいで事をなすことにも、対等であることにも使われます。

「双方」と同じ意味を持つ言葉に「両方」があり、「両方」と比べて「双方」の方が改まった言い方です。

「双」という漢字には、二つ、二つで対になるものという意味があり、「方」という漢字には、むきという意味があります。

「お互い」とは?

「お互い」は、「互い」「お」をつけて美化した言葉です。

「互い」とは、相対する二つのもののこと、「双方」のことを意味します。

「相対」には、関係があるもの同士が差し向かいで事をなすこと、対等で事を行うこと、という意味があります。

「互」という漢字には、たがい、かわるがわるという意味があります。

「双方」と「お互い」の違い

「お互い」には「双方」という意味があり、「双方」「お互い」は、ほぼ同じ意味です。

「双方」は改まった言い方として使われています。

「お互い」「お」をつけて「互い」を美化しており、日常的には「双方」よりも「お互い」の方が使われます。

まとめ

どちらもほぼ同じ意味を持っていますが、使われる場面が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典