スポンサーリンク

「反復表現」と「対句表現」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「反復表現」と「対句表現」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「反復表現」「対句表現」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「反復表現」とは?

「反復表現」とは、同じ言葉や似た言葉を繰り返す表現方法の事です。

例えば、単に『痛い』と言うのではなく、『痛い、痛い、痛い』と繰り返したり、『絶景、絶景』と同じ言葉を2回も3回も繰り返し、反復して表現する事で、本当に痛い事や、景色が絶景である事を強調して表現するのが「反復表現」の基本です。

またこの技法を使う事で、強調以外にも『きっと、きっと伝えて下さいよ』の様に注意喚起する効果もありますし、さらに『楽しく生き、楽しく働き、楽しく遊ぶ』と楽しくを繰り返し使う事で、この文のように文章にリズムを与える効果も得られます。

以上のような効果を得るために、原則として同じ言葉をそのまま繰り返す技法ですが「反復表現」ですが、『権力の源泉は、力でありパワーである』と似た言葉で言い換えるて反復するケースもあります。

この表現方法は「同言反復表現」と呼ばれており、「反復表現」のひとつです。

「対句表現」とは?

「対句表現」とは、表現が同じもしくは似た句を並べ、対称・強調させる表現技法です。

ここでの対句は、反対の言葉ではなく、セットになっている言葉と言う意味です。

例えば、『青い空に白い雲』と色とものの組み合わせで、しかも青と白と言う色を対句として使う事で、空の景色を強調・感嘆的に表現しているのです。

また宮沢賢治の作品によく知られた『雨にも負けず、風にも負けず』との表現がありますが、これも雨と風と言う気象現象を対句として使う事で、単純に雨や風に負けないと言う意味を伝えるだけでなく、文章にリズム感を与える効果が得られているのです。

さらに『白い砂、青い海、赤い花』の様に風景を「対句表現」を使って表現する事で、リズムと同時に風情や趣さえも感じられる文章表現とする効果が得られるのです。

「反復表現」と「対句表現」の違い

「反復表現」とは、同じ言葉をそのまま繰り返す表現技法であり、「対句表現」とは同じ構成で語を並べて、対称を強調させる表現技法を意味する言葉です。

「反復表現」では同じ言葉を、「対句表現」では同じ構成の語句を繰り返すもので、繰り返す点では似ていますが、何を繰り返すのかが全く違う技法と言えます。

また「反復表現」で得られる効果としては、強調できる、リズムを整える、注意喚起すると言った効果に対し、「対句表現」では強調できる、リズムを整える、風情を与える効果があり、どちらかと言うと「対句表現」の方が文章に格式をもたらすとも言えます。

まとめ

「反復表現」とは、同じ言葉をそのまま繰り返す表現技法であり、「対句表現」とは同じ構成で語を並べて、対称を強調させる表現技法を意味する言葉です。

いずれの表現方法も、強調できる、リズムを整える、と言う効果が得られるほか、「反復表現」では注意喚起する効果が、「対句表現」風情を与える効果も得られます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典