スポンサーリンク

「反社チェック」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「反社チェック」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

企業や会社の取引は信用問題が重要になってくることもあり、その身分や立場を事前に調べる必要があります。

特に国の指針によって暴力団などの反社会的勢力との取引は禁止されるようになり、これによって事前に「反社チェック」をする会社が増えてきました。

この記事では、「反社チェック」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「反社チェック」の意味とは?

「反社チェック」という言葉は、反社会的勢力をチェックするという企業の対応を略したものであり、ここ最近では様々な企業や会社が取り入れているものとなりました。

2007年には「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」が制定され、2009年からは全国で「暴力団排除条例」が施行されました。

これらの背景から企業側でも取引において、これら反社会的勢力であるかどうかを調べる「反社チェック」を自主的にするようになりました。

あくまでもこれらは政府による指針であり強制的な法的拘束力はありませんが、基本的に健全な経営する以上反社会的勢力と関わるのはデメリットしかないので、「反社チェック」をしっかりやっている企業や会社は増えてきています。

「反社チェック」の概要

「反社チェック」は反社会的勢力である暴力団との取引を一切しないというスタンスに基づいています。

資金が反社会的勢力に流れるのを止めるために、企業や会社の規模に応じて様々な対策が立てられています。

また最近の会社経営やブランディング戦略として、会社のコンプライアンス順守の観点や社会的責任(CSR)の観点から「反社チェック」をして、クリーンなイメージを作り上げているところもあります。

「反社チェック」の方法には様々なものがありますが、一番利用しやすいものとしては公的な情報を検索する方法があります。

より高いリスクが存在するという場合には専門の興信所や調査会社を利用して取引先の身元を調べる方法もあります。

さらに危険度が高いものは警察や暴力団追放センターに直接相談することが可能です。

企業や会社が反社会的勢力と取引をした場合には行政処分や上場取引の停止が成されることもあり、取引開始の「反社チェック」から定期的な「反社チェック」をする必要があります。

「反社チェック」の言葉の使い方や使われ方

「反社チェック」は取引の前に使われることが多く、さらに取引後に疑惑が出た時にも使用されます。

自社のみでやるところも多いのですが、高いリスクと考えられる場合には弁護士や外部団体に「反社チェック」を依頼することもあります。

「反社チェック」の類語や言いかえ

「反社チェック」で使われている反社には様々な集団が当てはまります。

暴力団や犯罪組織など色々なものをまとめたものが反社会的勢力と呼ばれています。

まとめ

企業や会社が反社会的勢力に資金を提供したり取引するのは危険であり、真っ当な経営するならばこれらの存在とは縁を切るべきと言われています。

そのためにも事前に「反社チェック」をする会社は増えてきました。

最近は個人事業主として起業する人も増えてきましたが、このような場合でも取引先の身元を確認するのはとても大切です。

犯罪組織や反社会的勢力は最近だとインターネット利用した活動をしていることも多いので、最新の対策を応じる必要があります。

インターネット技術の発展により取引先のホームページが健全なものと見える場合でも、身元を調べると反社会的勢力と繋がりがあるというケースは少なくありません。

リスク管理という点から「反社チェック」は外部の専門家に依頼するのも検討しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典