スポンサーリンク

「収益」と「利益」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「収益」と「利益」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「収益」「利益」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「収益」とは?

「収益」「しゅうえき」と読みます。

意味は「会社に入ってくるお金のこと」です。

会社は主に商品やサービスを提供してお金を得ている組織ですので、「収益」の大半は「売上」になります。

ただし、本業以外にも不動産を運営していたり、投資して配当金を得ている場合も「収益」に含まれるのです。

「収益」は、単に会社に入ってくるお金のことで、仕入れ原価や諸経費などは考慮されていません。

「収益」部分だけを見て、その会社の経営が上手くいっているのかいないのかは判断できないのです。

「利益」とは?

「利益」「りえき」と読みます。

意味は、「元と比較して得したお金のこと」です。

「利益」には本来「得になること」という意味があり、ある人や組織にとってプラスになる事象を表します。

ビジネスの場合は、元と比較して結局幾ら得したのか、という意味で使われます。

上記で紹介した「収益」は、単純に売り上げた金額ですが、それを売り上げる為にかかった費用を差し引いた金額のことです。

つまり、「収益」「諸経費」=「利益」になるのです。

「収益」と「利益」の違い!

「収益」「会社に入ってくるお金のこと」です。

「利益」「元と比較して得したお金のこと」です。

まとめ

今回は「収益」「利益」の違いをお伝えしました。

「収益は売上」「利益は売上から諸経費を引いたもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典