スポンサーリンク

「取り憑かれる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「取り憑かれる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「取り憑かれる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「取り憑かれる」とは?意味

「取り憑かれる」は、人間の目では見ることはできず、かつ感じることもできない人でも動物でもない何かの存在が体に入り込むことです。

その為、「憑りつかれた」人物は、精神を蝕まれやがて正常な判断ができなくなります。

「取り憑かれる」の概要

「取り憑かれる」は、現象として考えた場合、かなり非現実的でその理由は、存在しないエネルギーのような物が体内に入ることを憑りつくと呼ぶため、見たことが無いエネルギーで見えない存在、かつ人体に影響を与えるエネルギーというのは、地球には存在しないと結論付けられています。

その為、「取り憑かれる」は一種の病気であると言われているのは、ただの集団ヒステリーの一部であると結論付けられており、幽霊や見えないエネルギーという存在が否定されているが故です。

「取り憑かれる」の言葉の使い方や使われ方

「取り憑かれる」は存在しない人や物に対して固着している人物に対して使用し、妄想や思い込みなど一つの考えに固執する際にも使用されます。

「取り憑かれる」を使った例文

・『悪霊に取り憑かれる』
この言葉は、見えないエネルギーのような存在が体に入ったという例です。

悪霊は、見えないエネルギーだと仮定した場合、それが体に入って影響を与えていると考えます。

ただ、悪霊というメカニズムや呪いのメカニズムは実は解明されており、実のところ、単なる嫌がらせのエスカレートが原因です。

呪いは、嫌がらせのエスカレートで対象の不幸をお祝いすると大々的に宣伝するが故、それを見た人物がショックを受けるだけです。

そして悪霊も同様に、見えない人や物へと責任を転嫁させることで自己の気持ちを紛らわせているにすぎません。

・『妄想に取り憑かれる』
この言葉は、自分の頭の中で考えている物事が次第に大きくなり、現実と空想の区別がつかなくなっている様子です。

「取り憑かれる」は、固着するという意味があり、このケースは、空想に固着するが故、現実と空想があいまいになっています。

その為、「妄想に取り憑かれる」というのは、単に思い込みが激しいだけで思い込みという部分が空想に当たるのです。

まとめ

「取り憑かれる」と聞くと真っ先に悪霊関係かなという声が多いですが、実は、没頭するという意味も「取り憑かれる」で表すことが可能で、例えば、「プラモ造りに取り憑かれる」といえば、単にプラモデルを作ることに夢中になっているだけで別にホラー要素はありません。

しかし、ホラー的な要素を持つのが、現実と妄想の区別がつかなくなることと、悪霊という存在で、妄想や悪霊という存在が体の中に入れば、悪い影響を与えるのです。

逆に、プラモデル作りという趣味に走るという考えが体に入り込んだとしてもプラモデル作りでは、ホラー要素も無い上、体を壊したり、人体にとって悪い影響を与えることにならないケースも多く、単に暇潰しで没頭しているにすぎないため、「取り憑かれる」というのは、単に自分の行いや考えがそうなることを指し、「取り憑かれる」の代名詞の悪霊や妄想は単に人の心が生み出したまやかしに過ぎません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典