スポンサーリンク

「取るに足りない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「取るに足りない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「取るに足りない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「取るに足りない」とは?意味

「取るに足りない」とは、わざわざ取り上げる必要がなく、価値の無い事を意味する言葉で、「つまらない」「無価値である」などの、マイナスな意味として使われる言葉です。

「取るに足りない」の概要

「取るに足りない」「とるにたりない」と読みます。

「取るに」は、「取り上げる価値」を意味しており、話題に挙げるという意味もあります。

「足りない」はこの場合、「不足している」というニュアンスの意味であり、「取るに足りない」「取り上げる価値が足りていない」=「取り上げる価値がない」という意味になります。

「取り上げる価値がない」という事は、簡単に言えば「つまらなく」「無価値である」という意味ですので、基本的にネガティブな意味として使われる言葉ですが、言葉の文脈やニュアンスによってすべてがネガティブな意味で使われるわけではありません。

「取るに足りない」の言葉の使い方や使われ方

「取るに足りない」はその意味から、基本的にネガティブな意味として、相手にしていないような意味で使用される場合が多くなっています。

ある物事が「取るに足りない」と表現された場合は、その物事が必要なく無価値のものだと言っている事になるので、当然ネガティブな意味として相手に伝わる事になります。

もちろん言われた方は良い気分にはならないので、「取るに足りない」をネガティブな意味として使う場合には十分に注意が必要と言えるでしょう。

「取るに足りない」はポジティブな意味としても使用する事が可能です。

悩んでいたり、心配事を抱えていたりする人に対して、「そんなものは取るに足りないよ」と勇気づけたり、元気つけたりする意味として使用できます。

このように「取るに足りない」は、基本的にはネガティブな意味として広く使われますが、ニュアンスや相手によってポジティブな意味としても使用出来る事を覚えておくことで、「取るに足りない」という言葉を広い意味として使う事ができます。

「取るに足りない」を使った例文(使用例)

・『彼にとって私の言葉など取るに足りない様子であった』
・『私の人生において、この程度の出来事は取るに足りないよ』
・『そんな事は取るに足りない事だから、元気だしてください』

まとめ

「取るに足りない」は、取り上げる価値がないという意味を持つ言葉で、無価値であると言い放っているので、基本的にマイナスな意味や嫌味として使われる言葉です。

しかし言葉のニュアンスや文脈を変える事で、元気つけるようなポジティブな意味へと変化します。

本来の意味を十分理解する事で、「取るに足りない」と使用できる機会を増やしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典