スポンサーリンク

「受領書」と「領収書」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「受領書」と「領収書」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「受領書」「領収書」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「受領書」とは?

「受領書」は、商品を発注した発注者側が無事に商品を受け取ったことを商品を提供した事業者側にお知らせするために用いる証明書です。

この証明書が無い場合、発注者側はいつまでも商品が届いていないと言い切ることが可能で、かつ商品を受け取っていても受け取っていないと言い切ることができてしまい、両者間の信用取引が成立しなくなりますので商品を受け取ったという証明書が必要となります。

「領収書」とは?

「領収書」は、サービスや商品を提供した側がそれらの見返りにお金をもらったことを証明する証明書になります。

この証明書が無い場合、問題となるのが商品の代金をもらっているにもかかわらず、もう一度商品の代金をもらうという暴挙です。

こうした暴挙を防ぐためには、証明書が必要で、「領収書」は、何年の何月に商品やサービスとの引き換えに何円のお金をもらったかを証明します。

そして、「受領書」を受け取った側も、何年の何月にどのような商品を受け取ったかを証明することで万が一、「領収書」「受領書」を持つ人物が虚偽の申し出をした場合、両者の日付を見ることで嘘と本島を見分けることができるのです。

「受領書」と「領収書」の違い

「受領書」「領収書」の違いは発行する側が異なります。

「受領書」は、商品やサービスを受け取った側が発行して相手の商品やサービスを提供した企業を安心させるために相手企業に向けて商品やサービスが届いたことを知らせるために発効します。

「領収書」はその逆で、商品やサービスを提供した企業が代わりにお金を受け取ったことを商品を受け取った企業に証明します。

「受領書」の例文

・『商品を受け取りましたので受領書を発行します』
この例は、商品を受け取ったという事実を相手企業に伝えるための証明書を発行するという例です。

これは信用取引における問題で、商品を受け取る、受け取ったことを伝えることはとても重要でこれを怠ると商品を送った側は相手に荷物が届いて受け取ったという事実がいつまでも届かないことになります。

「領収書」の例文

・『領収書を発行します』
この例は、商品やサービスを提供した対価であるお金を受け取ったことを相手に伝える証明書を発行するという例です。

証明書が無いと、両社は万が一荷物に問題があった場合、それを証明する手段が無いため、「受領書」「証明書」は一定期間両社が保管する必要があります。

まとめ

「受領書」「領収書」は、行ってしまえば、相手側を安心させるための要素で商品を受け取ったことを伝える、そして商品やサービスを提供した対価を貰ったという証明をするだけです。

ですが、両社はとても重要で、万が一、どちらかの取引に不具合がある場合、いつの取引で不具合が起きたかを確認するのが両者の証明書なので両者とも、もしもの時の重要な証拠となります。

逆を返せば、証明書とは、両者間のやり取りを証明するという仕組み上証明書から嘘をついているかどうかや問題がある取引であったかを知ることができるということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典