スポンサーリンク

「口下手」と「コミュ障」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「口下手」と「コミュ障」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「口下手」「コミュ障」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「口下手」とは?

「口下手」は、「くちべた」と読みます。

意味は「話すことが苦手で、自分の意思をうまく言葉で表現できない人のこと」です。

人と話すのが嫌い、苦手という訳ではなく、普通に話せますがうまい言い回しができずに、自分の言いたいことが伝わらない時に使われます。

「口下手」は性格であり、仕事上必要なことはちゃんと伝えられたり、自己啓発により克服も可能です。

ただし、「口下手」でも聞き上手だったり、相槌が上手かったり、笑顔が好印象であれば、人と問題なくコミュニケーションを取れるのです。

「コミュ障」とは?

「コミュ障」「こみゅしょう」と読みます。

意味は「人に自分の意志を伝えたり、相手の意志を理解することが困難な人のこと」です。

「コミュ障」「コミュニケーション障害」を略した言葉で、基本的に人と話すこと自体が苦手で、自分からその様な場面を避ける性質のことを言います。

「コミュ障」は精神的に要因があることが多く、日常生活に支障が出ることもあります。

「口下手」と「コミュ障」の違い!

「口下手」「話すことが苦手で、自分の意思をうまく言葉で表現できない人のこと」です。

「コミュ障」「人に自分の意志を伝えたり、相手の意志を理解することが困難な人のこと」です。

まとめ

今回は「口下手」「コミュ障」の違いをお伝えしました。

「口下手は言い回しが不器用」「コミュ障は人と意思疎通できない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典